調理・衛生・フードに関する資格一覧 です。
食生活が多様化している現代、調理,衛生,フードに関する資格に挑戦して、健康的で楽しい食生活を目指しましょう。
プロ向けの資格から一般の人でも取得することができる資格など多数あるので、自分に合った資格を見つけてください。

調理・衛生

 \(\large{\color{magenta}{\fbox{公認スポーツ栄養士}}}\)

公認スポーツ栄養士は、競技者や監督、コーチ、トレーナー、競技団体などのスポーツの現場のニーズに的確に応えることのできるスポーツ栄養の知識を持つ専門家です。

公認スポーツ栄養士になるためには講習を受け検定試験に合格する必要があります。
講習は、共通科目や専門科目など科目も多く、検定試験まで数年かかりますので、有効期限等も確認しておきましょう。

《民間資格》
【講座・試験の日時】
■スポーツ栄養ベーシックコース講習会
日本スポーツ栄養学会HP、または日本スポーツ栄養学会養成事務局で確認
■公認スポーツ栄養士養成講習会
共通科目(Ⅰ・Ⅱ・Ⅲの講習会と共通科目検定試験[筆記]): 日本スポーツ協会で確認
専門科目(前期・中期・後期の講習会と専門科目検定試験[口頭試問・プレゼンテーション]):日本スポーツ栄養学会で確認
【試験会場】
■スポーツ栄養ベーシックコース講習会
日本スポーツ栄養学会HP、または日本スポーツ栄養学会養成事務局で確認
■公認スポーツ栄養士養成講習会
共通科目:東京・名古屋・大阪・広島・福岡 など
専門科目:日本スポーツ栄養学会で確認

 ⇒ 公認スポーツ栄養士検定試験の申請資格と内容および合格基準と難易度

 \(\large{\color{magenta}{\fbox{食生活アドバイザー}}}\)

食生活アドバイザーとは、人に不可欠な食生活についてのアドバイスができるスペシャリストのことです。
家庭だけでなく企業に対しても食の提案ができるので活躍の場はいろいろとあります。

《民間資格》
【試験日】
年\(\,2\,\)回実施 \(\,7\,\)月・\(\,11\,\)月
【試験会場】
札幌、仙台、さいたま、千葉、東京、横浜、新潟
金沢、静岡、名古屋、大阪、神戸、広島、福岡

 ⇒ 食生活アドバイザーとは?難易度と合格率や試験日

 \(\large{\color{orange}{\fbox{食品衛生責任者}}}\)

飲食店を開業するには営業許可書とともに必ず必要なのが、食品衛生責任者の資格です。
「食品衛生管理者」とは違います。
食品管理責任者の合格率は\(\,100\,\)%といって良いのですが、講習を受けなければなりませんので講習料などかかる費用もチェックしましょう。

《公的資格》
【講習日】東京都の場合は月に\(\,10\,\)回以上開催
【講習会場】各都道府県、市によって毎回変わる

 ⇒ 飲食店開業に必要な食品衛生責任者の資格の取り方

 \(\large{\color{magenta}{\fbox{食品表示検定}}}\)

食品表示検定には初級、中級、上級の3階級があります。
一般に表示されている食品表示はあいまいでわかりにくい面があるので、初級から学ぶと一消費者としても役に立つ内容です。

《民間資格》
【試験日】
■初級・中級  年\(\,2\,\)回実施 \(\,6\,\)月・\(\,11\,\)月
■上級  年\(\,1\,\)回実施 \(\,12\,\)月
【試験会場】
■初級・中級(\(\,15\,\)ヶ所)
札幌、仙台、東京、名古屋、大阪、神戸、広島、松山、福岡、旭川、函館、釧路、北見、帯広、苫小牧
■上級(\(\,7\,\)ヶ所)
札幌、仙台、東京、名古屋、大阪、広島、福岡

 ⇒ 食品表示検定の各級試験内容と合格率および日程

 \(\large{\color{magenta}{\fbox{家庭料理検定(料検)}}}\)

家庭料理技能検定、通称「料検」は、食べ物について正しい知識と料理が上手になるようにと設けられた文部科学省、農林水産省、厚生労働省、全日本中学校長会、全国連合小学校長会、全国学校栄養士協議会後援の、検定試験です。
認定級は\(\,5\,\)級から\(\,1\,\)級まであります。

《民間資格》
【試験日】
■\(\,5\,\)級・\(\,4\,\)級  年\(\,2\,\)回実施 \(\,6\,\)月・\(\,11\,\)月
■\(\,3\,\)級・\(\,2\,\)級  年\(\,2\,\)回実施 \(\,6\,\)月・\(\,11\,\)月(\(\,1\,\)次)\(\,7\,\)月・\(\,12\,\)月(\(\,2\,\)次)
■準\(\,1\,\)級・\(\,1\,\)級  年\(\,1\,\)回実施 \(\,6\,\)月(\(\,1\,\)次)\(\,9\,\)月(\(\,2\,\)次)
【試験会場】
全国各地

 ⇒ 家庭料理技能検定(料検)とは?合格率と資格の取り方

フード

 \(\large{\color{magenta}{\fbox{フードコーディネーター資格認定試験}}}\)

フードコーディネーターとは「食」の世界において、スペシャリストとしての専門分野を持ち、食の商品開発、レストランプロデュース、販促・メディアなどそれぞれの分野を複合的にコーディネートする食の専門家です。
メディアでも取り上げられることも多い華やかなこの資格は、フードビジネスのプロデュースやマネジメントができる人材であることを認定する資格です。

《民間資格》
【試験日】
■\(\,3\,\)級  \(\,11\,\)月
■\(\,2\,\)級  \(\,6\,\)月(\(\,5\,\)科目受験)・\(\,8\,\)月(資格認定講座)
■\(\,1\,\)級  \(\,9\,\)月(書類審査 \(\,1\,\)次)・\(\,2\,\)月(面接試験 \(\,2\,\)次)
【試験会場】
■\(\,3\,\)級  東京・名古屋・大阪・福岡
■\(\,2\,\)級  東京・大阪・福岡
■\(\,1\,\)級  東京

 ⇒ フードコーディネーター資格の認定講座や試験内容と難易度およびテキスト

 \(\large{\color{magenta}{\fbox{野菜ソムリエ}}}\)

野菜ソムリエは野菜や果物の知識を身につけ、魅力や美味しさ、価値を理解し社会に伝え広めることができるスペシャリストで、その使命は生産者と生活者の架け橋となることです。

講習で野菜や果物の品目や目利き、栄養、素材に合わせた調理法など、日常生活に欠かせない幅広い知識を身につけ、流通の仕組みにも触れ取り巻く環境への理解も深めることができることから、家族の健康や食に関わるさまざまな仕事に活かすことができます。

《民間資格》
【講習日】
■野菜ソムリエ \(\,6\,\)月・\(\,7\,\)月・\(\,8\,\)月
■野菜ソムリエプロ \(\,7\,\)月・\(\,8\,\)月・\(\,9\,\)月・\(\,10\,\)月・\(\,11\,\)月
■野菜ソムリエ上級プロ 未定
【講習会場】
全国各地

 ⇒ 野菜ソムリエの資格の取り方 難易度や講習費用と試験内容

 \(\large{\color{magenta}{\fbox{パンシェルジュ検定}}}\)

パンシェルジュ検定とはパンを食べる・作るといったことから始まり、専門家になろうというほど好きな方に向いている資格です。
本当に好きな方はパンの製法・器具・材料の知識はもちろん、歴史・いろいろな国のパンや衛生に関する知識・マナーなど幅広い知識を習得し、パンシェルジュマスターとなるまで目指してみても良いかもしれません。

《民間資格》
【試験日】年\(\,1\,\)回 :\(9\,月\)上旬頃
【試験会場】
全国\(\,8\,\)エリア
札幌・仙台・東京・横浜・名古屋・大阪・岡山・福岡

⇒ パンシェルジュ検定に必要なテキストと合格率

 \(\large{\color{magenta}{\fbox{菓子検定}}}\)

菓子検定は、材料や製菓法や道具、文化を学び、よりお菓子を楽しむための検定試験です。
検定試験では身近なものから専門性の高いものまで洋菓子と和菓子の両方の知識が問われます。

《民間資格》
【試験日】 年\(\,1\,\)回実施  \(\,6\,\)月
【試験会場】東京・大阪・名古屋

 ⇒ 菓子検定2級3級の公式問題集と合格点の目安

 \(\large{\color{magenta}{\fbox{ウイスキー検定}}}\)

ウイスキー検定には級別認定とバーボンやスコッチなどの種類別認定があります。
文化や歴史を学び深い知識を身につけて「通」として、よりウイスキーを楽しめます。

《民間資格》
【試験日】年\(\,2\,\)回実施
【試験会場】東京・名古屋・大阪

 ⇒ ウイスキー検定資格試験の種類と日程や問題内容や合格率および難易度

 \(\large{\color{magenta}{\fbox{日本ビール検定(びあけん)}}}\)

通称「びあけん」は、
ビールの日本史や味わい、原料・基本的な製法・スタイルを知り、普段のビールをもっとおいしくさせたい人を対象とした初級レベル、
ビール文化・歴史を語ることができ、ビール通になりたい人を対象とした中級レベル、
ビールに関する広範囲な知識を持ち、自らビール文化を発信できる愛好者の頂点を目指す人を対象とした上級レベル
以上の3級から1級まであります。

《民間資格》
【試験日】年\(\,1\,\)回実施  \(\,9\,\)月
【試験会場】札幌・東京・名古屋・大阪・福岡

 ⇒ 日本ビール検定(びあけん)試験の各級の問題内容とテキストおよび合格率

 \(\large{\color{magenta}{\fbox{日本茶インストラクター}}}\)

日本茶インストラクターは日本茶に関する専門的な知識や技術を持ち、消費者や初級指導者(日本茶アドバイザー)を指導するプロとなる「日本茶インストラクター(中級資格)を認定する試験です。
日本茶インストラクターの上位認定資格には、「日本茶マスター(上級指導者)」があります。

《民間資格》
【試験日】年\(\,1\,\)回実施(一次 \(\,11\,\)月・二次 翌年\(\,2\,\)月)
【試験会場】札幌・仙台・東京・静岡・名古屋・京都・広島・福岡・鹿児島 など

 ⇒ 日本茶インストラクター認定試験の試験内容とテキストや講座と合格率

まとめ

調理・衛生・フードに関する資格には、プロ向けの資格から一般の人でも取得することができる資格など多数あるので、自分に合った資格を見つけて挑戦してみましょう。
常に健康的で楽しい食生活を目指したいですね!