安全管理・危険物取扱に関する資格一覧になります。
安全管理や危険物取扱に関する資格は普段あまり聞き慣れない資格が多いですが、社内や製造現場、建設現場など設備・環境の点検において必要な資格です。
特定の業務を行うために取得が必要な「業務独占」や、企業や事業所に規定人数以上の有資格者を置くことが必要な「必置」などの資格が多い分野で、会社側より就業者に対して資格の取得を求められることが多いという特徴があります。

安全管理

 \(\large{\color{red}{\fbox{衛生管理者}}}\)

衛生管理者は、一定以上の規模の事業所に選任が必要な資格です。
第一種と第二種の違いを確認しましょう。

《国家資格》
【試験日】毎月\(\,1~5\,\)回実施 (安全衛生技術試験協会HPで確認)
【試験会場】全国\(\,7\,\)カ所の安全衛生技術センター
北海道センター・東北センター・関東センター・中部センター・近畿センター・中国四国センター・九州センター

 ⇒ 衛生管理者とは?試験の日程や受験資格および過去問や合格率と難易度

 \(\large{\color{red}{\fbox{消防設備士}}}\)

消防設備士は、いざ火災が発生してしまったという時に、屋内消火栓やスプリンクラー、
自動火災報知設備などの消防法に規定されている消防用設備等の工事、整備、点検を行える資格です。
資格は「乙種」と「甲種」に分類され、消防設備士試験は乙種が\(\,1~7\,\)類、甲種は特類と\(\,1~5\,\)類にわかれて実施されます。

《国家資格》
【試験日】都道府県および受験区分(乙種・甲種の各類)によって異なる
※消防試験研究センターHPで確認
【試験会場】全国各地
※消防試験研究センターHPで確認

 ⇒ 消防設備士試験の乙種,甲種の対象消防設備と受験資格および過去問と合格率

危険物取扱

 \(\large{\color{red}{\fbox{危険物取扱者}}}\)

危険物取扱者試験とは資格試験に合格した危険物を取り扱うことができるようになる国家資格です。

危険物と定められている物質をあつかう場合、法で定める指定数量以上を貯蔵し又は取扱う施設(製造所等)において使用する場合には危険物取扱者免状が必要です。
大きく分けると甲、乙、丙、の3種類がありますが各種類によって取り扱える危険物が異なります。

《民間資格》
【試験日】頻繁(受験を決めてからでも数ヶ月程度あれば受験できるくらい)
特に乙4は回数が多く、比較的回数の少ない甲種でも2カ月に1回程度は行われる都道府県ある
【試験会場】全国各地
※高校生だけが受験できる高校が受験会場になることもある

 ⇒ 危険物取扱者試験とは?資格の種類と難易度と合格へのコツ

まとめ

安全管理・危険物取扱に関する資格は、特定の業務を行うために取得が必要な業務独占や、企業や事業所に規定人数以上の有資格者を置くことが必要な必置が多いのも特徴です。