安全管理・工業技術・危険物取扱に関する資格一覧になります。
安全管理や工業技術、危険物取扱に関する資格は普段あまり聞き慣れない資格が多いですが、社内や製造現場、建設現場など設備・環境の点検において必要な資格です。
特定の業務を行うために取得が必要な「業務独占」や、企業や事業所に規定人数以上の有資格者を置くことが必要な「必置」などの資格が多い分野で、会社側より就業者に対して資格の取得を求められることが多いという特徴があります。

安全管理

 \(\large{\color{red}{\fbox{衛生管理者}}}\)

衛生管理者は、一定以上の規模の事業所に選任が必要な資格です。
第一種と第二種の違いを確認しましょう。

《国家資格》
【試験日】毎月\(\,1~5\,\)回実施 (安全衛生技術試験協会HPで確認)
【試験会場】全国\(\,7\,\)カ所の安全衛生技術センター
北海道センター・東北センター・関東センター・中部センター・近畿センター・中国四国センター・九州センター

 ⇒ 衛生管理者とは?試験の日程や受験資格および過去問や合格率と難易度

 \(\large{\color{red}{\fbox{消防設備士}}}\)

消防設備士は、いざ火災が発生してしまったという時に、屋内消火栓やスプリンクラー、
自動火災報知設備などの消防法に規定されている消防用設備等の工事、整備、点検を行える資格です。
資格は「乙種」と「甲種」に分類され、消防設備士試験は乙種が\(\,1~7\,\)類、甲種は特類と\(\,1~5\,\)類にわかれて実施されます。

《国家資格》
【試験日】都道府県および受験区分(乙種・甲種の各類)によって異なる
※消防試験研究センターHPで確認
【試験会場】全国各地
※消防試験研究センターHPで確認

 ⇒ 消防設備士試験の乙種,甲種の対象消防設備と受験資格および過去問と合格率

 \(\large{\color{red}{\fbox{労働安全コンサルタント}}}\)

労働安全コンサルタントとは、企業や事業所の依頼を受け事業場を診断し適切な指導を行い、労働安全の水準の向上を図るための資格です。
常に時代に即応した労働安全関する高い専門知識と情報を把握していなければならず、高い指導力や安全衛生に対する強い意欲が求められる重要な仕事です。

《国家資格》
【試験日】
■筆記試験  年\(\,1\,\)回実施 \(\,10\,\)月
■口述試験  年\(\,1\,\)回実施 \(\,1\,\)月~\(\,2\,\)月(あらかじめ指定された日時)

【試験会場】
■筆記試験  全国\(\,7\,\)カ所
恵庭市・岩沼市・東京都内・東海市・加古川市・福山市・久留米市
■口述試験  全国\(\,2\,\)カ所
東京・大阪
※試験会場は安全衛生技術試験協会HPで確認してください。

 ⇒ 労働安全コンサルタントとは?試験内容と受験資格および合格率や難易度

 \(\large{\color{red}{\fbox{労働衛生コンサルタント}}}\)

労働衛生コンサルタントとは、労働者の衛生水準の向上を図るために、職場の衛生状況の診断および指導を行う労働衛生に関する専門家です。

昨今は、粉じんや有毒物質などの事業場の衛生についての診断やこれに基づく指導だけでなく、ストレスや過労によってあらわれる心の問題、またOA化による新しい職業病も増えていることから、労働衛生コンサルタントの重要性は高まっています。

《国家資格》
【試験日】
■筆記試験  年\(\,1\,\)回実施 \(\,10\,\)月
■口述試験  年\(\,1\,\)回実施 \(\,1\,\)月~\(\,2\,\)月(あらかじめ指定された日時)

【試験会場】
■筆記試験  全国\(\,7\,\)カ所
恵庭市・岩沼市・東京都内・東海市・加古川市・福山市・久留米市
■口述試験  全国\(\,2\,\)カ所
東京・大阪
※試験会場は安全衛生技術試験協会HPで確認してください。

 ⇒ 労働衛生コンサルタントとは?試験内容と受験資格および合格率や難易度

工業技術

 \(\large{\color{red}{\fbox{ボイラー技士}}}\)

ボイラー技士試験は取得する級によってボイラー取扱いにおいて規模と責任範囲の違いがある国家資格です。
\(\,2\,\)級は高校生でも受験できるので工業高校生は受験することが多いですが資格が有効となるには年齢に下限があります

《国家資格》
【試験日】
■\(\,2\,\)級  毎月\(\,1\,\)回~\(\,2\,\)回実施(日にちは各地区で異なるので安全衛生技術試験協会で必ず確認)
■\(\,1\,\)級  年\(\,4\,\)回~\(\,7\,\)回実施(月、日にちは各地区で異なるので安全衛生技術試験協会で必ず確認)
■特級  年1回実施(年度により日にちが変動するので安全衛生技術試験協会で必ず確認)
【試験会場】
全国\(\,7\,\)カ所(北海道・東北・関東・中部・近畿・中国四国・九州)

 ⇒ ボイラー技士試験の受験資格と難易度と試験概要

 \(\large{\color{red}{\fbox{ボイラー(小規模)取扱者}}}\)

ボイラー(小規模)取扱者とは小規模なボイラーを取り扱うのに必要な資格です。
\(\,2\,\)日間で\(\,14\,\)時間\(\,5\,\)科目(学科)のボイラー取扱技能講習を受講し、講習終了後の修了試験に合格すると資格が得られます。

《国家資格》
【講習日】年間\(\,5\,\)回程度開催(日程は各支部によって異なるので受験する日本ボイラ協会の各支部へ必ず確認)
【試験会場】各都道府県(受験する日本ボイラ協会の各支部に確認)

 ⇒ ボイラー(小規模)取扱者の資格の取り方

 \(\large{\color{red}{\fbox{技術士補}}}\)

技術士/技術士補とは、「科学技術に関する技術的専門知識と高等の専門的応用能力および豊富な実務経験を有し、公益を確保するため高い技術者倫理を備えた優れた技術者の育成」を図るための国による資格認定制度で、技術士法に基づく国家試験に合格し、登録した人に与えられる称号です。

技術系資格の中で最も難関で権威のある資格として認知されています。

《国家資格》
【試験日】年\(\,1\,\)回実施 \(\,10\,\)月
【試験会場】北海道・宮城県・東京都・神奈川県・新潟県・石川県・愛知県・大阪府・広島県・香川県・福岡県・沖縄県
※試験会場はあらかじめ受験者に通知されます。また\(\,9\,\)月の官報に公告されます。

 ⇒ 技術士とは?一次試験(技術士補)の内容と合格率や難易度

 \(\large{\color{red}{\fbox{技術士}}}\)

技術士/技術士補とは、「科学技術に関する技術的専門知識と高等の専門的応用能力および豊富な実務経験を有し、公益を確保するため高い技術者倫理を備えた優れた技術者の育成」を図るための国による資格認定制度で、技術士法に基づく国家試験に合格し、登録した人に与えられる称号です。

技術系資格の中で最も難関で権威のある資格として認知されています。
2019年度試験より二次試験の必須科目の択一試験が廃止され、記述式の試験(論文試験)に変更されることから、難易度がさらに高くなる可能性がある国家資格と言えるでしょう。

《国家資格》
【試験日】
■筆記試験 年\(\,1\,\)回実施 \(\,7\,\)月中旬頃
■口頭試験(筆記試験合格者のみ)年\(\,1\,\)回実施 \(\,11\,\)月~翌年\(\,1\,\)月
※詳しい日程は日本技術士会HPで確認してください。
【試験会場】
■筆記試験 北海道・宮城県・東京都・神奈川県・新潟県・石川県・愛知県・大阪府・広島県・香川県・福岡県・沖縄県
※試験会場はあらかじめ受験者に通知されます。また6月の官報に公告されます。
■口頭試験 東京都
※試験会場は筆記試験合格通知に記載されます。

 ⇒ 技術士とは?二次試験の日程や内容および合格率や難易度

危険物取扱

 \(\large{\color{red}{\fbox{危険物取扱者}}}\)

危険物取扱者試験とは資格試験に合格した危険物を取り扱うことができるようになる国家資格です。

危険物と定められている物質をあつかう場合、法で定める指定数量以上を貯蔵し又は取扱う施設(製造所等)において使用する場合には危険物取扱者免状が必要です。
大きく分けると甲、乙、丙、の3種類がありますが各種類によって取り扱える危険物が異なります。

《民間資格》
【試験日】頻繁(受験を決めてからでも数ヶ月程度あれば受験できるくらい)
特に乙4は回数が多く、比較的回数の少ない甲種でも2カ月に1回程度は行われる都道府県ある
【試験会場】全国各地
※高校生だけが受験できる高校が受験会場になることもある

 ⇒ 危険物取扱者試験とは?資格の種類と難易度と合格へのコツ

まとめ

安全管理・危険物取扱に関する資格は、特定の業務を行うために取得が必要な業務独占や、企業や事業所に規定人数以上の有資格者を置くことが必要な必置が多いのも特徴です。