経営・労務管理に関する資格一覧です。
近年、労働環境の整備は大変重要視されていることから、より良い職場環境を作ることは働く人だけでなく企業にとっても重要な課題で、経営・労務管理の資格は企業において欠かせない存在です。

経営・労務管理に関する資格は、業務を円滑に効率良く進め、利益を出すためのアドバイスを行ったり、社員のメンタルケアなどの業務以外の面からも企業に貢献することができます。

経営

 \(\large{\color{red}{\fbox{中小企業診断士}}}\)

中小企業診断士試験は国家試験で、第\(\,1\,\)次試験と第\(\,2\,\)次試験があります。
この資格試験は表に出ている合格率より実際は厳しい資格試験です。

《国家資格》
【試験日】
■第\(\,1\,\)次試験  年\(\,1\,\)回実施 \(\,8\,\)月(\(\,2\,\)日間)
■第\(\,2\,\)次試験  
筆記試験日:年\(\,1\,\)回実施 \(\,10\,\)月
口述試験日:年\(\,1\,\)回実施 \(\,12\,\)月 

【試験会場】
■第\(\,1\,\)次試験(札幌・仙台・東京・名古屋・大阪・広島・福岡・那覇)
■第\(\,2\,\)次試験(札幌・仙台・東京・名古屋・大阪・広島・福岡)

 ⇒ 中小企業診断士試験の内容と日程および合格率と本当の難易度

 \(\large{\color{magenta}{\fbox{品質管理検定(QC検定)}}}\)

日本のほとんどの企業では、優れた製品やサービスを作り出すために品質管理(QC)活動が推進され、品質管理を実施するためには、企業で働く人々の品質管理に関する意識、能力、改善能力が重要です。
品質管理検定(QC検定)は、これから仕事につく人から現在品質管理部門の責任者までを\(\,4\,\)級、\(\,3\,\)級、\(\,2\,\)級、\(\,1\,\)級とレベル分けし、それぞれのレベルで必要とされる品質管理に関する知識をどの程度持っているかの評価を行います。

《民間資格》
【試験日】年\(\,2\,\)回実施 \(\,3\,\)月 ・ \(\,9\,\)月
【試験会場】全国約\(\,120\,\)か所

 ⇒ 品質管理検定(QC検定)の日程と過去問および合格率や難易度

 \(\large{\color{magenta}{\fbox{商業経済検定3級}}}\)

商業経済検定区分は1~3級に分かれていて、経済社会において一般的な知識から経営活動に必要な知識やマーケティング、法律などの経済活動に関する知識を認定する資格です。
商業高校在学生は簿記などの資格と併用することで、就職にも有利となるでしょう。

《民間資格》
【試験日】
年\(\,1\,\)回実施  \(\,2\,\)月
【試験会場】
全国各地(各都道府県の本部校が指定する試験場)
※全国商業高等学校協会で確認してください。

 ⇒ 商業経済検定3級の試験内容,日程や独学用の過去問と勉強法および合格率

 \(\large{\color{magenta}{\fbox{商業経済検定2級}}}\)

商業経済検定区分は1~3級に分かれていて、経済社会において一般的な知識から経営活動に必要な知識やマーケティング、法律などの経済活動に関する知識を認定する資格です。
商業高校在学生は簿記やリテールマーケティング(販売士)などの資格と併用することで、就職にも有利となるでしょう。

《民間資格》
【試験日】
年\(\,1\,\)回実施  \(\,2\,\)月
【試験会場】
全国各地(各都道府県の本部校が指定する試験場)
※全国商業高等学校協会で確認してください。

 ⇒ 商業経済検定2級の試験内容,日程や独学用の過去問と勉強法および合格率

 \(\large{\color{magenta}{\fbox{商業経済検定1級}}}\)

商業経済検定区分は1~3級に分かれていて、経済社会において一般的な知識から経営活動に必要な知識やマーケティング、法律などの経済活動に関する知識を認定する資格です。
商業高校在学生は簿記やリテールマーケティング(販売士)などの資格と併用することで、就職にも有利となるでしょう。

《民間資格》
【試験日】
年\(\,1\,\)回実施  \(\,2\,\)月
【試験会場】
全国各地(各都道府県の本部校が指定する試験場)
※全国商業高等学校協会で確認してください。

 ⇒ 商業経済検定1級の試験内容,日程や独学用の過去問と勉強法および合格率

労務管理

 \(\large{\color{red}{\fbox{社会保険労務士(社労士)}}}\)

社会保険労務士(社労士)は、社会保険労務士法に基づいた国家資格者です。
人材に関する専門家であり、企業の労務管理のアドバイスや指導をはじめとして、労働・社会保険に関する法令に書類作成を行うなど、「労働及び社会保険に関する法令の円滑な実施に寄与するとともに、事業の健全な発達と労働者等の福祉の向上に資すること」を目的として業務を行います。

試験を受験するには受験資格が必要ですが学歴や実務経験などで区分があります。

《国家資格》
【試験日】年\(\,1\,\)回実施  \(\,8\,\)月
【試験会場】北海道・宮城・群馬・埼玉・千葉・東京・神奈川・石川・静岡・愛知・京都・大阪・兵庫・岡山・広島・香川・福岡・熊本・沖縄

 ⇒ 社会保険労務士(社労士)試験の受験資格や試験科目と難易度と合格率

 \(\large{\color{magenta}{\fbox{メンタルヘルス法務主任者資格}}}\)

メンタルヘルス法務主任者資格は、メンタルヘルス関係の法務と専門知識を備えた産業保健の専門家に与えらえる資格で、法務を中心に関連分野の実践的な知識を総合的に学べる唯一の資格です。

\(\,2018\,\)年度より、メンタルヘルス法務主任者から、「メンタルヘルス法務主任者・産業保健法務主任者」に資格名称が変更され、規定の講習を受講して試験に合格することで、メンタルヘルス法務主任者と産業保健法務主任者の両方の資格が得られることになりました。

《民間資格》
【試験日】年\(\,1\,\)回実施  \(\,10\,\)月
【試験会場】東京

 ⇒ メンタルヘルス法務主任者資格認定試験の受験資格や合格率

まとめ

企業の中で業務を円滑に効率良く進め、利益を出すためのアドバイスを行ったり、社員のメンタルケアなどの業務以外の面からも貢献することができる資格に挑戦してみましょう。
決して簡単ではないけれど、やりがいを感じられる資格です。