札幌シティガイド検定は、札幌の歴史や文化、自然環境、観光名所などを総合的に学び、観光で訪れた人々と未来を担う子供達に、札幌の魅力を自信を持って伝えることのできる人材育成を目的とした検定試験です。
ここでは、試験の概要と公式テキストや過去問および合格率についてお伝えします。

資格または検定試験名(正式名称と通称)

札幌シティガイド検定(民間資格)

札幌シティガイド検定とは

〜さっぽろの魅力再発見、伝えて広がる明日の札幌〜
観光都市札幌の『顔』となる人材育成を目指します
自分が住んでいる街には、誰だって愛着があり、誇りがあります。その気持ち、もっと多くの人に伝えたくありませんか?
札幌シティガイド検定は、札幌のことを多くの方々に学んでいただき、観光で訪れた人々や、未来を担う子供達にその魅力を伝えていただくための検定です。
札幌の歴史や文化、自然環境や観光名所などを総合的に学ぶことで、札幌の魅力を自信を持って案内できる人材育成を目指します。

※出典:札幌シティガイド検定HPより

 \(\color{magenta}{\fbox{札幌シティガイド検定におすすめの人}}\)

\(\,1.\,\)観光客をおもてなしする職業に従事している人やこれから目指す人
\(\,2.\,\)多くの観光客に来ていただくことで、商店街や地域の活性化を願っている人
\(\,3.\,\)札幌の街や歴史、自然、文化等を愛し、多くの人に広く紹介したいと願っている人

受験資格

誰でも受験できます。

試験内容と受験対策方法

試験内容

試験時間:\(\,90\,\)分
出題範囲:公式テキスト「札幌シティガイド」と観光に関する時事内容から出題されます。
■歴史
■自然
■政治・経済
■生活文化
■文化財・施設
出題形式:選択式問題(択一式)
出題数:\(\,50\,\)問
合格点:\(\,70\,\)点以上(\(\,100\,\)点満点中)

対策方法

テキスト
受験対策セミナー

【公式テキストと過去問題】
札幌シティガイド検定試験の問題は、主に公式テキスト「札幌シティガイド」からです。
公式テキストを何回も目を通し熟読して、過去問題を何回も解いて合格を目指してください。

公式テキストは札幌商工会議所検定窓口や、札幌市内有名書店で販売され、過去問題は札幌商工会議所検定窓口で販売されています。

【受験対策セミナー】
札幌シティガイド検定試験委員が担当講師をする受験対策セミナーも開催されています。
検定試験申し込みと一緒に受験対策セミナーを申し込むことも出来るので活用するのも合格への近道になるでしょう。

※受験対策セミナーについての詳しい情報は、札幌シティガイド検定HPや札幌商工会議所 検定窓口で確認してください。

試験頻度および日時や時期

年\(\,1\,\)回実施 \(\,9\,\)月 または \(\,10\,\)月

試験会場

北海道経済センター 他

※試験会場は変更になる場合があるので、受験票で確認してください。

受験料

\(\,4,320\,\)円(税込)

※税率改正により受験料が変更される場合もあります。

平均合格率

合格率は公表されていませんが、年によって変わりますが概ね\(\,50~60\,\)%くらいと言われています。

北海道観光マスター検定よりは出題範囲が札幌に限られているので、公式テキストや過去問題でしっかり対策をし勉強していれば合格できる試験です。

主催・試験実施団体

名称:札幌商工会議所
住所:北海道札幌市中央区北1条西2丁目 北海道経済センター
検定窓口(TEL):011-281-1200

 ⇒ 小樽案内人検定の試験概要や公式テキストと過去問および受講講座と合格率

北海道には上記のご当地検定もがあります。

 ⇒ 北海道観光マスター検定の試験概要と公式テキストおよび合格率と難易度

北海道観光マスター検定試験もチェックしてみましょう。

 ⇒ 観光英語検定試験の試験内容やテキストと過去問および難易度や合格率

外国人とのコミュニケーションを観光の分野を通して運用能力を計る観光英語検定試験に挑戦してみましょう。

 ⇒ ご当地検定一覧 全国各地の歴史や文化を知り故郷や住む街の魅力を再発見!

全国のご当地検定一覧です。