事業性評価3級は銀行業務検定試験の事業継承に関する検定です。
検定試験の問題内容や科目内容、合格率と難易度や日程などをお伝えします。
事業性評価3級検定試験は、取引先企業の業績維持・向上のために適切なソリューションを提案するまでの基礎・実務知識においてその習得度合を測定ことが目的となります。


資格または検定試験名(正式名称と通称)

銀行業務検定試験 事業性評価3級:(通称)事業性評価3級(民間資格)

受験資格

誰でも受験できます。

試験内容と受験対策方法

試験内容

出題形式:四答択一式・事例付四答択一式
問題数:\(50\) 問
・四答択一式 \(40\) 問(各 \(2\) 点)
・事例付四答択一式 \(5\) 事例 \(10\) 問(各 \(2\) 点)
試験科目:事業性評価の必要性と理解/取引先企業を取り巻く環境の理解/取引先企業が属する業界の理解・分析/取引先企業の定量的・定性的把握と分析/策定計画の実行に伴う支援(業績改善のための金融支援等)/その他
合格基準:\(60\) %以上( \(100\) 点満点)
※試験委員会にて最終決定されます。
試験時間:\(150\) 分 
※試験開始後 \(60\) 分間と終了前 \(10\) 分間は退席禁止となります。
\(持ち物:\)受験票・HBの鉛筆・消しゴム・電卓(金融計算電卓・関数・メモ機能付きはNGです。)

対策方法

テキスト・参考書での独学
通信講座・セミナー

銀行業務検定協会より、試験に関連した書籍や通信講座が紹介されています。

【関連書籍】
●事業性評価 \(3\) 級 問題解説集

●「対話力」ですすめる 事業性評価がよくわかる本(銀行業務検定試験 事業性評価 \(3\) 級 参考図書)
取引先と向かい合う行職員にとって必読の一冊です。
≪内容≫
・第1章 事業性評価とは
・第2章 「沿革」を聞いて取引先らしさを知る
・第3章 「内部環境」を聞いて強み・弱みを知る
・第4章 「外部環境」を聞いて課題を知る
・第5章 財務諸表・ロカベン等の活用
・第6章 業界特性と地域特性の分析方法
・第7章 事業性評価に基づく支援

【関連する通信講座】
●ライフステージ別 事業性評価力養成コース
事業性評価についてより具体的な支援のため、企業の「ライフステージ別」に落とし込んだ解説をは全面改訂を行い、より個別企業への事業性評価の適用をイメージできる内容の講座です。

【関連するセミナー】
●事業性評価 \(3\) 級受験対策講座
出題頻度の高い箇所を重点的にわかりやすく解説されています。
開催地や開催場所、日程など詳しくは経済法令研究会HPで確認してください。

通信講座や関連書籍で基礎知識を身につけ、過去問題を解き、出題傾向の把握し試験に備えることで合格を目指してください。

※試験に関連した書籍や通信講座の詳細は銀行業務検定協会HPで確認してください。

試験頻度および日時や時期

年 \(2\) 回実施  \(6\) 月 ・ \(10\) 月

試験会場

銀行業務検定協会が全国約 \(215\) 地区に設置する約 \(220\) 会場

 ※各試験会場の詳細については受験票で確認してください。

受験料

\(4,320\) 円 (税込)
 

過去数年の平均合格率および難易度

【 \(2018\) 年 \(6\) 月】
 受験者数:\(3,302\) 名
 合格者数:\(2,205\) 名 
 合格率:\(66.78\) %

\(\displaystyle 合格率=\frac{合格者数}{受験者数}=\frac{2,205}{3,302}\times 100≒66.8(%)\)

【 \(2018\) 年 \(3\) 月】
 受験者数:\(5,605\) 名
 合格者数:\(3,625\) 名 
 合格率:\(64.67\) %

\(\displaystyle 合格率=\frac{合格者数}{受験者数}=\frac{3,625}{5,605}\times 100≒64.7(%)\)

【 \(2017\) 年 \(10\) 月】
 受験者数:\(5,619\) 名
 合格者数:\(2,566\) 名
 合格率:\(45.67\) %

\(\displaystyle 合格率=\frac{合格者数}{受験者数}=\frac{2,566}{5,619}\times 100≒45.7(%)\)

【 \(2017\) 年 \(6\) 月 新規実施
 受験者数:\(9,247\) 名
 合格者数:\(7,340\) 名
 合格率:\(79.38\) %

\(\displaystyle 合格率=\frac{合格者数}{受験者数}=\frac{7,340}{9,247}\times 100≒79.4(%)\)

過去の合格率は平均で \(65\) %前後となっています。
難易度は普通と言えます。

主催・試験実施団体

名称:銀行業務検定協会/検定試験運営センター
住所:東京都新宿区市谷本村町3-21