公害防止管理者とは、特定の工場において大気汚染・水質汚濁・騒音・振動などの公害を防止するために、必要な業務を管理する技術者です。

資格を取得するには2つの方法がありますが、ここでは、水質関係の資格認定講習の受験資格や日程と概要についてお伝えします。

資格または検定試験名

公害防止管理者:(国家資格 必置

公害防止管理者の資格を取得するには、講習を受けるための資格(技術資格または学歴・実務経験資格)がある人が書類審査を経たうえで、認定講習を受講し修了試験に合格する方法と、国家試験に合格する\(\,2\,\)つの方法があります。

 ⇒ 公害防止管理者(騒音・振動関係)国家試験の日程と概要および合格率や難易度

\(\,2\,\)つの方法のどちらで資格を取得しても、免許証や登録手続きはありません。
修了証書・合格証書が資格を証明する書類となり永年資格です。

公害防止管理者とは

公害防止管理者は、燃料や原材料の検査、騒音や振動の発生施設の配置の改善、排出水や地下浸透水の汚染状態の測定、煤煙の量や特定粉塵の濃度の測定、排出ガスや排出水に含まれるダイオキシン類の量の測定の実施などの業務を管理し、自然環境に悪い影響を与えるのを防ぐのが使命です。

「特定工場」に指定された工場には、必ず公害防止管理者の配置および届け出が義務付けられています。

特定工場

\(\,1.\,\) 対象となる業種は事業内容が次のいずれかに属する工場。
●製造業(物品の加工業を含む)
●電気供給業
●ガス供給業
●熱供給業

\(\,2.\,\) 対象となる上記の業種に属する工場で、次のいずれかの施設を設置している工場。
■ばい煙発生施設
■特定粉じん発生施設
■一般粉じん発生施設
■汚水等排出施設
■騒音発生施設
■振動発生施設
■ダイオキシン類発生施設

公害発生施設の区分によって分かれる公害防止管理者

●大気関係4.3.2.1種公害防止管理者
【大気関係第1種】
カドミウム・その化合物、塩素・塩化水素、ふっ素・ふっ化水素・ふっ化けい素、鉛・その化合物を発生する施設(大気関係有害物質発生施設)で、排出ガス量が\(\,1\,\)時間当たり\(\,4\,\)万立方メートル以上の工場に設置されるの。
【大気関係第2種】
大気関係有害物質発生施設で、排出ガス量が\(\,1\,\)時間当たり\(\,4\,\)万立方メートル未満の工場に設置されるもの。
【大気関係第3種】
大気関係有害物質発生施設以外のばい煙発生施設で、排出ガス量が\(\,1\,\)時間当たり\(\,4\,\)万立方メートル以上の工場に設置されるもの。
【大気関係第4種】
大気関係有害物質発生施設以外のばい煙発生施設で、排出ガス量が\(\,1\,\)時間当たり\(\,1\,\)万立方メートル以上\(\,4\,\)万立方メートル未満の工場に設置されるもの。

 ⇒ 公害防止管理者(大気関係)国家試験の日程と概要および合格率や難易度

 ⇒ 公害防止管理者(大気関係)資格認定講習の受験資格や日程と概要

●水質関係第4.3.2.1種公害防止管理者
【水質関係第1種】
水質関係有害物質排出施設で、排出水量が1日当たり1万立方メートル以上の工場に設置されるもの。
【水質関係第2種】
水質関係有害物質排出施設で、排出水量が1日当たり1万立方メートル未満の工場または、特定地下浸透水を浸透させている工場に設置されるもの。
【水質関係第3種】
水質関係有害物質排出施設以外の汚水等排出施設で、排出水量が1日当たり1万立方メートル以上の工場に設置されるもの。
【水質関係第4種】
水質関係有害物質排出施設以外の汚水等排出施設で、排出水量が1日当たり1千立方メートル以上1万立方メートル未満の工場に設置されるもの。

 ⇒ 公害防止管理者(水質関係)国家試験の日程と概要および合格率や難易度

 ⇒ 公害防止管理者(水質関係)資格認定講習の受験資格や日程と概要

●騒音・振動関係公害防止管理者
【騒音関係】
機械プレス(呼び加圧能力が980キロニュートン以上のものに限る)
鍛造機(落下部分の重量が1トン以上のハンマーに限る)
【振動関係】
液圧プレス(矯正プレスを除くものとし、呼び加圧能力が2941キロニュートン以上のものに限る)
機械プレス(呼び加圧能力が980キロニュートン以上のものに限る)
鍛造機(落下部分の重量が1トン以上のハンマーに限る)

●特定・一般粉じん関係公害防止管理者
【特定粉じん関係】特定粉じん関係
特定粉じん(石綿)発生施設
【一般粉じん関係】
一般粉じん(石綿以外のもの)発生施設

 ⇒ 公害防止管理者(特定,一般粉じん関係)国家試験の日程と概要および合格率や難易度

 ⇒ 公害防止管理者(特定,一般粉じん関係)資格認定講習の受講資格や日程と概要

●ダイオキシン類関係公害防止管理者
ダイオキシン類発生施設

 ⇒ 公害防止管理者(ダイオキシン類関係)国家試験の日程と概要および合格率や難易度

 ⇒ 公害防止管理者(ダイオキシン類関係)資格認定講習の受講資格や日程と概要

●公害防止主任管理者

受講資格

次のいずれかに該当する人
※特定工場に勤務されている方が優先され定員もあるので、要件を満たしていても受講できない場合もあります。

●「特定工場における公害防止組織の整備に関する法律施行令」で定められている技術資格を有している人
\(\,1.\,\) 衛生工学衛生管理者の免許を受けた人で、削岩機、鋲打機等の使用によって身体に著しい振動を与える業務または、ボイラー製造等強烈な騒音を発する場所における業務に係る衛生管理者として1年以上従事した人
\(\,2.\,\) 技術士で、主務省令で定める次の選択科目を選択した人
・機械部門(機械加工及び加工機、加工・ファクトリーオートメーション及び産業機械、機械力学・制御、加工・生産システム・産業機械、機構ダイナミクス・制御)
・応用理学部門(物理及び化学)
・環境部門(環境保全計画、環境測定)
\(\,3.\,\) 計量士で、主務省令で定める次の区分に係る人
環境計量士(騒音・振動関係)

●「特定工場における公害防止組織の整備に関する法律施行規則」で定められている学歴及び実務経験資格のある人
\(\,1.\,\) 学校教育法に基づく大学(短期大学を除く)または旧大学令に基づく大学において薬学、工学または化学の課程を修めて卒業した人。
実務の内容/経験年数:騒音発生施設または騒音を防止するための施設、または振動発生施設または振動を防止するための施設の維持および管理/\(\,3\,\)年
\(\,2.\,\) 学校教育法に基づく短期大学(同法に基づく専門職大学の前期課程を含む)または旧専門学校令に基づく専門学校において薬学、工学若しくは化学の課程を修めて卒業した人(同法に基づく専門職大学の前期課程にあっては、修了した人)または主務大臣がこれと同等以上であると認める学力を有する人。
実務の内容/経験年数:騒音発生施設または騒音を防止するための施設、または振動発生施設または振動を防止するための施設の維持および管理/\(\,5\,\)年
\(\,3.\,\) 学校教育法に基づく高等学校または旧中等学校令に基づく中等学校を卒業した人、または主務大臣がこれと同等以上であると認める学力を有する人。
実務の内容/経験年数:騒音発生施設または騒音を防止するための施設、または振動発生施設または振動を防止するための施設の維持および管理/\(\,7\,\)年
\(\,4.\,\) いずれにも該当しない人。
実務の内容/経験年数:騒音発生施設または騒音を防止するための施設、または振動発生施設または振動を防止するための施設の維持および管理/\(\,10\,\)年

※受講資格は必ず産業環境管理協会HPで確認してください。

講義内容

講習科目(時間):
\(\,1.\,\)公害総論(\(\,3\,\)時間)
\(\,2.\,\)騒音・振動概論(\(\,13\,\)時間)
\(\,3.\,\)騒音・振動特論(\(\,13\,\)時間)

修了試験の時間:
\(\,2\,\)時間

講習実施の公表

毎年\(\,10\,\)月初旬に、官報公示および産業環境管理協会HPで実施概要が公表されます。

講習頻度および日時や時期

\(\,12\,\)月~\(\,3\,\)月の時期に全国のべ\(\,30\,\)回程度

※詳しい日程は、産業環境管理協会HPで確認してください。

試験会場

全国主要\(\,8\,\)都市
札幌・仙台・東京・愛知・大阪・広島・高松・福岡
開催地やその年度により、実施する講習区分は異なります。

※会場は、産業環境管理協会HPで確認してください。

講習料

\(\,35,000\,\)円
 

認定講習の修了率・修了基準点

認定講習の修了率・修了基準点(規定点)は公表されていません。

主催・試験実施団体

名称:一般社団法人 産業環境管理協会 公害防止管理者試験センター
住所:東京都千代田区鍛冶町二丁目2番1号(三井住友銀行神田駅前ビル)

 ⇒ 自然環境・動物に関する資格一覧 気象,農業,植物,動物,省エネなどに注目