水泳指導管理士は、水泳の基本泳法および救助法、救急法の実技を通して安全指導と事故防止のための技術を体得し、水泳プール施設の維持・管理・運営に関する必要な知識
を習得する養成講習会を経て資格の認定を受けます。

日本水泳連盟公認プールおよび標準プールには、管理者としておかなければならないと規定されています。

プールが好きて、泳力や体力に自信がある人に向いています。
また、プールのあるスポーツ施設など就職や、プールの監視員や水泳のインストラクターとして活動する方に有利となる資格と言えるでしょう。

資格または検定試験名(正式名称と通称)

公認水泳指導管理士:(通称)水泳指導管理士民間資格

資格の有効期限は4年間となり、更新費用が発生します。(申請時点から直近の9月30日または3月31日までの残期間に4年間を加えた期間となります。)

受験資格

・満20歳以上の健康な男女
・競泳4泳法及び横泳ぎができる者(特に平泳ぎ 脚 ができていること)
・同一泳法で200メートル以上泳げる者
・立泳ぎ(足のみ)が3分以上できる者

以上の受講資格を満たして水泳指導管理士養成講習会(5日間)を受講し修了した者、およびこれと同等の能力がある者とします。

試験内容と受験対策方法

試験内容

試験方法:水泳指導管理士養成講習会受講 + 理論試験 + 実技試験 (講習会最終日に実施)
養成講習会で学んだ内容が認定試験の出題範囲になります。

■出題範囲(理論)
・水泳の基本泳法
・スポーツ施設の事故防止と救急対応
・監視法と救助法
・プール施設の安全管理
・プール施設、設備の維持管理
・水泳事故と法的責任
・プール施設のマネジメント
・利用者サービスの向上と顧客満足度

■実技
・競泳4泳法
・横泳ぎ
・立泳ぎ
・救助法

※例年試験は次のようになっています。
水泳指導管理士養成講習会 初日  基本泳法実技(13:00~)
水泳指導管理士養成講習会 4日目 救助法実技(13:00~)
水泳指導管理士養成講習会 5日目 理論(9:00~)

対策方法

水泳指導管理士養成講習会受講への参加
競泳4泳法と横泳ぎ、立泳ぎ、泳力同一泳法で200m以上の技術は申し込みまでに身につけておきましょう。

試験頻度および日時や時期

水泳指導管理士養成講習会および試験日:5月上旬~下旬

申し込み期間:3月中旬 ~ 4月上旬(この期間のうち5日間 受講申し込み期間と同じになります)

定員:80名(定員を超えた場合は抽選となります。)

※年度により日時は変動しますので、公益財団法人日本体育施設協会 事業部で必ず確認して下さい。

試験会場

東京
東京辰巳国際水泳場
東京都江東区辰巳2-8-10

講義:東京辰巳国際水泳場の会議室
実技:東京辰巳国際水泳場のサブプール・メインプール

・東京メトロ有楽町線「辰巳駅」(出口2)より徒歩約10分
・東京メトロ有楽町線、JR京葉線、りんかい線「新木場駅」より徒歩約12分

受験料

受験料】15,000円(税込)ただし、協会会員は10,000円
養成講習会の受講料】20,000円(税込)
資格認定登録料】20,000円(税込)

過去数年の平均合格率および難易度

合格率:90%前後

主催・試験実施団体

名称:公益財団法人日本体育施設協会 事業部
住所:東京都豊島区巣鴨2-7-14 巣鴨スポーツセンター別館3階