建築士はあらゆる建物が法に適し十分な機能、耐久性を持っているか、設計から工事の監督までを行う責任者となります。
そのため仕事の内容は多岐にわたり、活躍の場は広いですがその分合格率も高くはありません。

試験には受験資格がありますので合格率などの試験概要をお伝えします。

資格または検定試験名(正式名称と通称)

建築士試験:(通称)建築士国家資格

二級建築士
比較的小規模な建築物についてのみ、設計・工事監理を行うことが出来ます。

木造建築士
より小規模な木造建築についてのみ、設計・監理を行うことが出来ます

一級建築士
全ての構造・規模・用途の建築物について、設計・監理を行うことが出来ます。

受験資格

二級建築士】【木造建築士
■大学(短大を含む)または高等専門学校において、国土交通大臣の指定する建築に関する科目を修めて卒業した者とします。
■高等学校または中等教育学校において、国土交通大臣の指定する建築に関する科目を修めて卒業した者で、卒業後建築実務経験を3年以上有する者とします。
■建築設備士の資格を有する者とします。
■その他都道府県知事が特に認めた者(「知事が定める建築士法第15条第三号に該当する者の基準」に適合する者)で、建築実務経験を所定の年数以上有する者とします。
■建築に関する学歴がなく、建築実務経験を7年以上有する者とします。

一級建築士
■大学(旧制大学を含む)において、国土交通大臣の指定する建築に関する科目を修めて卒業した者で、卒業後建築実務経験を2年以上有する者とします。
■3年生短期大学(夜間部を除く)において、国土交通大臣の指定する建築に関する科目を修めて卒業した者で、卒業後建築実務経験を3年以上有する者とします。
■2年生短期大学または高等専門学校において、国土交通大臣の指定する建築に関する科目を修めて卒業した者で、卒業後建築実務経験を4年以上有する者とします。
■二級建築士として、建築実務経験4年以上有する者とします。
■建築設備士として、建築実務経験4年以上有する者とします。
■その他都道府県知事が特に認めた者(平成20年国土交通省告示第745号ほか)で、建築実務経験を所定の年数以上有する者とします。

試験内容と受験対策方法

試験内容

二級建築士】【木造建築士
「学科の試験」に合格しなければ「設計製図の試験」は受験することができません。

■学科の試験
出題形式:五肢択一式
出題科目:
・学科I(建築計画)25問
・学科II(建築法規)25問
試験時間:計3時間(学科I・学科II)
・学科III(建築構造)25問
・学科IV(建築施工)25問
試験時間:計3時間(学科III・学科IV)

■設計製図の試験 (学科の試験合格者のみが受験。)
出題形式:あらかじめ公表する課題の建築物についての設計図書の作成
出題数:1課題
試験時間:5時間

一級建築士
「学科の試験」に合格しなければ「設計製図の試験」は受験することができません。

■学科の試験
出題形式:四肢択一式
出題科目:
・学科I(計画)20問
・学科II(環境・設備)20問
試験時間:計2時間(学科I・学科II)
・学科III(法規)30問
試験時間:計1時間45分
・学科IV(構造)30問
・学科V(施工)25問
試験時間:計2時間45分(学科IV・学科V)

■設計製図の試験 (学科の試験合格者のみが受験。)
出題形式:あらかじめ公表する課題の建築物についての設計図書の作成
出題数:1課題
試験時間:6時間30分

対策方法

大学・短大・高等専門学校など

国土交通大臣の指定する建築に関する科目を修めて卒業し、建築実務経験を該当する年月積む。

試験頻度および日時や時期

学科・設計製図ともに年1回

二級建築士
学科:7月上旬
設計製図:9月上旬

木造建築士】【一級建築士
学科:7月下旬
設計製図:10月中旬

試験会場

受験者の住所地の都道府県ごとに指定された場所

受験料

二級建築士】【木造建築士
17,700円

一級建築士
19,700円

過去数年の平均合格率および難易度

二級建築士
合格率:25%前後

木造建築士
合格率:40%前後

一級建築士
合格率:10%前後

主催・試験実施団体

名称:公益財団法人 建築技術教育普及センター
住所:東京都千代田区紀尾井町3-6