ビジネス実務マナー検定は「職場常識の育成」を目指し、一定の審査基準によって1級・2級・3級に区分されます。
ここでは、ビジネス実務マナー検定2級の日程などの試験概要や審査基準および独学用の公式テキストや過去問と合格率についてお伝えします。

資格または検定試験名(正式名称と通称)

ビジネス実務マナー検定 2級:(民間資格)

 \(\color{black}{\fbox{2級のレベル}}\)

ビジネス実務の遂行について理解を持ち、一般的な業務を行うのに必要な知識と技能を持っていること。

 

ビジネス実務マナー検定とは

教育を終了した人の社会性やマナー欠如が問題視されている現代に、ビジネス実務マナー検定は「職場常識の育成」を目指しています。

ビジネスマンとしての判断や行動が適切にできるかどうか、また仕事への姿勢・態度・企業活動・人間関係・マナー・話し方などを理解しているか、また事務処理能力などが問われます。

この「ビジネス社会の基本ルール=職場常識」を身に付けているかどうかということを一定の審査基準によって判断する検定です。

2級の審査基準

筆記試験は、「理論」「実技」に領域区分されています。
【理論】必要とされる資質・企業実務
【実技】対人関係・技能

 \(\large{\color{magenta}{\fbox{理論}}}\)

 \(\color{brown}{\fbox{Ⅰ必要とされる資質}}\)

(\(\,1\,\))ビジネスマンとしての資質
\(\,1.\,\)状況にお応じた行動力・判断力・表現力が期待できる。
\(\,2.\,\)明るさ・誠実さを備えている。
\(\,3.\,\)身だしなみを心得ている。
\(\,4.\,\)自己管理ができる。
(\(\,2\,\))執務要件
\(\,1.\,\)一般的な仕事を確実に実行できる能力がある。
\(\,2.\,\)良識を持ち模範となる態度をとることができる。
\(\,3.\,\)協調性のある行動をとることができる。
\(\,4.\,\)積極性・合理性・効率性について十分理解できる。

 \(\color{purple}{\fbox{Ⅱ企業実務}}\)

(\(\,1\,\))組織の機能
\(\,1.\,\)それぞれの部署や部門が担当する仕事について理解がある。
\(\,2.\,\)職位・職制の持つ役割や機能について知識がある。
\(\,3.\,\)会社などの社会的責任や役割について知識がある。

 \(\large{\color{orange}{\fbox{実技}}}\)

 \(\color{brown}{\fbox{Ⅲ対人関係}}\)

(\(\,1\,\))人間関係
\(\,1.\,\)人間関係への対処について理解がある。
\(\,2.\,\)人間関係の心理について基礎的な知識がある。
(\(\,2\,\))マナー
\(\,1.\,\)ビジネス実務としてのマナーを活用できる。
\(\,2.\,\)ビジネス実務に携わる者としての服装について基礎的な知識がある。
(\(\,3\,\))話し方
\(\,1.\,\)話し方の成立要件が理解でき人間関係への結びつきがわかる。
\(\,2.\,\)一般的なな敬語が使える。
\(\,3.\,\)目的に応じた話し方ができる。
(\(\,4\,\))交際
\(\,1.\,\)慶事・弔事に関する作法と服装および式次第について一般的な知識を持っている。
\(\,2.\,\)一般的な交際業務について知識がある。

 \(\color{purple}{\fbox{Ⅳ技能}}\)

(\(\,1\,\))情報
\(\,1.\,\)情報活動ができる。
\(\,2.\,\)情報の整理ができる。
\(\,3.\,\)情報の伝達ができる。
(\(\,2\,\))文書
\(\,1.\,\)基本的な文書が作成できる。
\(\,2.\,\)一般的な文書の取り扱いができる。
(\(\,3\,\))会議
\(\,1.\,\)会議について一般的な知識がある。
\(\,2.\,\)会議の運営について基礎的な知識がある。
(\(\,4\,\))事務機器
\(\,1.\,\)事務機器の機能について知識がある。
(\(\,5\,\))事務用品
\(\,1.\,\)事務用品を適切に使うことができる。

受験資格

誰でも受験できます。

試験内容と受験対策方法

試験内容

【合格基準】
理論(\(\,60\,\)%以上)実技(\(\,60\,\)%以上)それぞれの得点が\(\,60\,\)%以上のとき合格になります。

●筆記試験
出題形式:選択問題(マークシート方式)と記述問題
試験時間:\(\,140\,\)分(\(\,10\,\)分間の受験上の注意を含む)
 

対策方法

テキスト・参考書での独学

ビジネス実務マナー検定の試験対策としては、下記の公式テキストを熟読し、過去問題を解いていくこの繰り返しです。
何回も繰り返し学習を行い合格を手にしましょう。

また過去に実際に出題された問題(一部)と解答解説を実務技能検定協会HPに掲載されてるので活用しましょう。

【公式テキスト】
■ビジネス実務マナー検定受験ガイド\(\,2\,\)級

【過去問題集】
■ビジネス実務マナー検定実問題集\(\,1.2\,\)級

※公式テキストと過去問題集は実務技能検定協会HPから購入できます。

試験頻度および日時や時期

年\(\,2\,\)回実施  \(\,6\,\)月・\(\,11\,\)月

試験会場

全国主要都市
札幌・仙台・東京・神奈川・松本・名古屋・大阪・広島・福岡 他

※※開催会場は開催日によって異なるので、実務技能検定協会HPで確認してください。

受験料

\(\,4,100\,\)円 
 
【併願受験】
2級・3級 \(\,6,900\,\)円
1級・2級 \(\,10,600\,\)円

過去数年の平均合格率および難易度

【\(\,2018\,\)年\(\,6\,\)月】
受験者数:\(\,1,324\,\)人
合格者数:\(\,796\,\)人
合格率:\(\,60.1\,\)%

 \(\displaystyle 合格率=\frac{合格者数}{受験者数}=\frac{796}{1,324}\times 100≒60.12(%)\)

【\(\,2017\,\)年\(\,11\,\)月】
受験者数:\(\,1,635\,\)人
合格者数:\(\,993\,\)人
合格率:\(\,60.7\,\)%

 \(\displaystyle 合格率=\frac{合格者数}{受験者数}=\frac{993}{1,635}\times 100≒60.73(%)\) 

\(\,2\,\)級の平均合格率は\(\,60\,\)%を超えていることから難易度は普通と言えます。

主催・試験実施団体

名称:公益財団法人 実務技能検定協会
住所:東京都新宿区高田馬場1-4-15

 ⇒ ビジネス実務マナー検定とは?試験の概要や審査内容および公式テキストと過去問

1級・2級・3級全ての区分はこちで確認できます。

 ⇒ ビジネス文書検定の日程と審査レベルや合格率および独学用の過去問とテキスト

ビジネス文書検定でさらなるスキルアップを目指しましょう。