証券3級は銀行業務検定試験36種類の検定試験の中のひとつです。
検定試験の問題内容や試験の日程や出題形式および合格率と難易度をお伝えします。
証券3級では、金融機関の行う証券を取り扱う業務に関する基本的な実務知識についての習得程度を測定することが目的になります。

資格または検定試験名(正式名称と通称)

銀行業務検定試験 証券3級:(通称)証券3級(民間資格)

受験資格

誰でも受験できます。

試験内容と受験対策方法

試験内容

出題形式:五答択一式
問題数:\(50\) 問(各\(2\) 点)
試験科目:
■証券業務 \(15\) 問
■証券発行市場 \(10\) 問
■証券流通市場 \(13\) 問
■資金調達・運用 他 \(12\) 問
合格基準:\(60\) %以上(\(100\) 点満点)
※試験委員会にて最終決定されます。
試験時間:\(150\) 分 
※試験開始後 \(60\) 分間と終了前 \(10\) 分間は退席禁止となります。
持ち物:受験票・HBの鉛筆 消しゴム・電卓(金融計算電卓・関数・メモ機能付きはNGです。)

対策方法

テキスト・参考書での独学

銀行業務検定協会より、試験に関連した書籍が紹介されています。

【関連書籍】
●証券業務の基礎
広範囲におよぶ証券業務「基本的な証券業務の諸制度」「デリバティブ」「証券税制」について、できるだけコンパクトにまとめ、初めて証券業務を学ぶ人でも全体像が理解できるよう構成されている書籍です。
銀行業務検定試験「証券 \(3\) 級」の出題項目に準じているので、参考書としても最適です。
また、証券外務員の受験対策にも活用できます。
≪項目≫
第 \(1\) 編 わが国の証券市場と諸制度
第 \(2\) 編 証券発行市場
第 \(3\) 編 証券流通市場
第 \(4\) 編 資金調達・運用
第 \(5\) 編 証券税制と会計制度

●証券 \(3\) 級 問題解説集 
過去の試験問題が簡潔で明瞭な解説や解答例と一緒に各年度ごとにまとめてあります。

関連書籍で基礎知識を身につけ、過去問題を解き、出題傾向の把握し試験に備えることで合格を目指してください。

※試験に関連した書籍の詳細は銀行業務検定協会HPで確認してください。

試験頻度および日時や時期

年\(1\) 回実施  \(10\) 月

試験会場

銀行業務検定協会が全国約 \(215\) 地区に設置する約 \(220\) 会場

 ※各試験会場の詳細については受験票で確認してください。

受験料

 \(4,320\) 円 (税込)

過去数年の平均合格率および難易度

【\(2017\) 年】
 受験者数:\(1,053\) 名
 合格者数:\(436\) 名 
 合格率:\(41.41\) %

 \(\displaystyle 合格率=\frac{合格者数}{受験者数}=\frac{436}{1,053}\times 100≒41.4(%)\)

【\(2016\) 年】
 受験者数:\(1,045\) 名 
 合格者数:\(523\) 名 
 合格率:\(50.05\) %

 \(\displaystyle 合格率=\frac{合格者数}{受験者数}=\frac{523}{1,045}\times 100≒50.1(%)\)

【\(2015\) 年】
 受験者数:\(1,282\) 名
 合格者数:\(533\) 名 
 合格率:\(41.58\) %

 \(\displaystyle 合格率=\frac{合格者数}{受験者数}=\frac{533}{1,282}\times 100≒41.6(%)\)

証券 \(3\) 級の検定試験だけでなく、銀行業務検定試験全般に言えることでなのですが、誰もが受けようとするメジャーな資格ではないので、証券に関係した職種に就いていないと簡単には合格することは難しいかもしれません。
証券業務は広範囲な業務で、証券市場・制度、証券発行市場、証券流通市場、先物取引やオプション取引、さらに短期市場金融、証券税制など内容も多種多様です。
難易度は中くらいと言えるでしょう。

主催・試験実施団体

名称:銀行業務検定協会/検定試験運営センター
住所:東京都新宿区市谷本村町3-21