法事案内のハガキを頂いたけれど、どーしてもその日は都合がつかなくて、やむなく欠席しなければならない場合はどうしたらいいのでしょう。

「出席したかった、残念でならない・・・」という気持ちを案内を頂いたご家族の方々に知らせたい。
そして、欠席となってしまうけれど出来るだけ失礼のないようにしたいと思っている方は多いのではないでしょうか。

法事を欠席する場合、お香典や欠席のハガキはどうしたらいいのでしょう。

そこで、法事を欠席する時のマナー、お香典(供物料)の金額、欠席の返信ハガキの書き方について紹介します。

参考に慣れれば幸いです。

では本題に入りましょう。

法事を欠席する時のマナー

法事案内のハガキを頂いた場合、ほとんどの人ができる限り出席したいと思うでしょう。

しかし、どーしても都合がつかない場合はやむなく欠席しなければなりません。

できるだけ失礼のないようにするには、早急に法事を欠席する旨を法事案内ハガキを送ってくれた施主に伝えましょう
この欠席の連絡を早急に入れることは、法事のマナーとして最低限のことです。

法事の施主は、当日お見えになる参会者の人数をとりまとめ、会食の準備や引き出物の用意をしなければなりません。
そのため、最終人数を取りまとめる前にできるだけ早く知らせることが、欠席する者の心遣いです。

法事連絡はほとんどの場合が往復ハガキで案内状が届くので、往復ハガキの返信に法事を欠席する旨を書き早急に投函しましょう。

この時、往復ハガキの返信を投函して終了ではなく、合わせて電話をかけて法事を欠席することを伝えるとより丁寧になります。

電話をかけて法事を欠席することを伝えるよりさらに丁寧で、誠意を感じてもらえるのがお詫びの手紙です。
このお詫びの手紙の中に返信ハガキを一緒に同封するのです。

法事欠席時 お詫びの手紙の文例

法事を欠席する時のお詫びの手紙の文例を紹介します。

拝啓

このたびは亡◯◯様の◯◯忌法要のご案内をいただき心より御礼申し上げます。

生前大変お世話になった◯◯様のご法要には是非とも参列させていただきたかったのですが、やむを得ない事情により誠に申し訳ございませんが、当日は欠礼をさせて頂きます。

些少ではございますが同封のもので、亡◯◯様がお好きでした◯◯でもご仏前にお供えいただければと存じます。

ご家族の皆様にはくれぐれもよろしくお伝えください。

◯◯(暑さ・寒さ)厳しき折、皆様どうかご自愛ください。

敬具

※お詫びの手紙の文例に中にもある「同封のもの」とは、お香典(お供物料)のことです。

法事欠席時 お香典は?

法事を欠席する場合でも法事のマナーとして、お香典(お供物料)をお渡しします。

一般的には、お香典を現金書留に入れて送ったり、お香や供花などをおくります。

後日お参りに行くときは?

そして、できるなら日をあらためてお参りしましょう。
この時は、すでにお香典は現金書留に入れて送らせていただいているので、新たに包む必要はありません。

手ぶらでは良い印象をもっていただけませんから、お花、お線香の詰め合わせ、菓子折などを持参することをおすすめします。

ただ、突然の来訪は失礼に当たるので、お参りに伺う場合は必ず遺族の方の都合を伺ってから日時を決めましょう。

服装は普段着で構いません。
お焼香させて頂くのでお数珠は忘れず持っていきましょう。

御焼香の前に、「この度は、法要に出席出来なかった事を心から御詫びします。」と言い、親戚であっても長く居座るのは遠慮しましょう。

法事を欠席する場合 お香典の金額は?

法事で欠席する場合でも、法事のマナーとしてお香典(お供物料)をお渡ししますが、この場合のお香典の金額はいくらなのでしょうか?

法事の後の食事会に参加しないので、金額は3,000 ~ 5,000円くらいが相場です。

金額が大きいと、かえって施主にお返しは何にしようかなどと気を使わせてしまうことになります。

法事を欠席する場合 往復ハガキの返信の書き方

法事を欠席する場合は、早急に返信ハガキに欠席の旨を書き投函しますが、失礼があってはいけません。

正しい返信の書き方を紹介します。

欠席の場合 返信はがきの書き方

1.「御出席」を二重線で消します。

2.「欠席」と書かれた()を二重線で消します。

(御)を二重線で消すときには、右上から左下に向けて斜めに二重線を引くのが一般的です。
そして、欠席に丸をつけます。

3.「住所」と書かれた()を二重線で消します。

御住所の(御)を二重線で消すときも「御欠席」と同様、右上から左下に向けて斜めに二重線を引くのが一般的です。

4.「御芳名」と書かれた(御芳)二重線で消します。

要注意

二重線は消す箇所が1文字の場合と2文字の場合では違うので、使い分けに注意しましょう。

1文字の場合
右上から左下へ斜めに

それ以外(2文字)の場合
まっすぐ縦に二重線をひく

また、名前や住所の下に書く文字は、あまり大きな文字で書かないようにするのがマナーです。

欠席の理由の書き方

法事を欠席する場合には、返信はがきに欠席の理由を書きます。

この欠席理由を書く時にも、法事欠席時のマナーというものがあるので気をつけましょう。

ストレートに書かない」ことが重要です。

法事の連絡を頂く前から決まっていた、どーしてもキャンセル出来ない用事でやむなく法事を欠席する場合でも、「友人の結婚式で」、「海外に出張で」などと具体的な法事の欠席理由は書きません。

法事の欠席理由には

法事の欠席理由には、次のように書きましょう。
どうしても都合が合わず
やむをえない理由で

ハガキに長々と欠席理由を書き加えるのはスマートではありません
ましてや、目上の方に対してはかえって失礼に当たりますので気をつけましょう。

まとめ

法事の案内を頂いたら出来る限り出席しましょう。
しかし、どうしても出席出来ない場合は、早急に欠席の連絡をしましょう。

返信ハガキだけで済まそうとはせず、電話を入れて、できたらお詫びの手紙も添えるとあなたの誠意が伝わります。

お香典には「御仏前」と表書きし、現金書留で送ったり、お香やお花などを贈るのが一般的です。

新盆の法要を欠席しなければならないときは
新盆の法要を欠席する時の香典は郵送?相場とお詫びの手紙の例文
喜ばれるお供え物は
お供え物で喜ばれるのはお線香
参考にして下さい。

法事のマナーを守り、社会人として失礼のないように心がけましょう。