花火大会や夏祭り、ビアガーデンなど、夏はイベントが盛りだくさんです。

これら夏のイベントに彼氏と浴衣デートを考えている女性も多いでしょう。

ただ、洋服と違い下着の上に1枚で着るというわけにはいかないので、汗のことも気になります。
履物も下駄だからいつものように大胆に歩くことはできません。
持ち物だって何を用意したらいいのでしょう。

そこで、浴衣デートで汗をかかない工夫や下駄の履きこなし方、当日の対策と必要な持ち物について紹介します。

参考に慣れれば幸いです。

では本題に入りましょう。

浴衣デートで汗をかかない工夫

浴衣を着て花火大会や夏祭り行くのは、見た目にとても涼し気でこれぞ日本の夏って感じ素敵です。
でも、見た目には涼しげに見える浴衣ですが、やはり暑く汗をかいてしまいます。

せっかくビシッと決めた浴衣姿、なるべくなら汗はかきたくありません。

浴衣を着た時に、汗をかかない方法はあるのでしょうか。

残念ながら夏に汗をかかない方法などありません。
Tシャツ一枚で外にいて、たとえ動かずにジーッとしてたとしても汗はタラタラ流れでてきます。

ただ浴衣を着た時に、少しでも汗をかかないようにする工夫はたくさんあるので紹介します。

胸の上の辺りを紐などで強めに縛りましょう

胸の上の辺りを紐などで強めに縛るというのは、体の仕組みの「半側発汗」という皮膚圧反射を利用した汗の予防法です。
胸の上の辺りを圧迫すると、その部分から上は汗を止めることができるらしいです。

実際にこの方法を実践しているのが舞妓さんです。
真夏でも舞妓化粧をして、着物をしっかり着ていますが少しも暑そうでなく、メイク崩れもしていません。

舞妓さんが顔に汗をかかないようにしている「半側発汗」、この工夫を真似れば顔汗の対策はできます。
くれぐれも強く締め付けすぎないように十分注意しましょう。

ただ「半側発汗」は、顔に汗をかきにくくなるということで、圧迫したその部分から下からは汗が出ます。
汗をかかなくなるわけではありません。

顔以外の脇、胸、お腹などからは多量の汗が出てしまいます。

和装用の肌着を身につけましょう

顔以外から出る、脇汗や胸汗、腹汗の対策は、浴衣用の和装用のインナー(肌襦袢)を身につけます。

洋服を着るときと同じような下着を身につけるよりも、袖がある浴衣用の和装用のインナー(肌襦袢)を着た方がしっかり汗を吸収してくれるし、浴衣が着崩れしにくいです。

浴衣の染み対策にもなります。

でも、「ブラジャーだけの方が涼しそう!」って思う方も少なくないかもしれませんね。
暑いから、余分なものは着たくないと考えるのもわからなくありません。

でも、素肌(ブラジャー)に浴衣はダメです。

それなら、「タンクトップやキャミソールでいいんじゃないの!」って思う方がいるかもしれませんね。

タンクトップやキャミソールでは、汗を吸い取ってくれません
浴衣用の和装用のインナー(肌襦袢)を着ていれば、しっかり汗を吸い取り浴衣に汗染みがつかないし、身につけている下着が透けずに着れるので安心です。

下着が透けて見えることは避けましょう。
やはり浴衣(和服)は上品に着たいです。

脇汗には

さらに、浴衣用の和装用のインナー(肌襦袢)は、汗ワキパットをつけてワキ汗対策もできるのでおすすめです。

この浴衣用の和装用のインナー(肌襦袢)の素材で一番良いのは麻です。

しかし、お値段が高くなるので綿素材でも十分吸収性が高く蒸れないのでOKです。
綿素材なら購入しやすい価格ないので1枚持っておくと便利です。

胸汗には

胸汗対策に和装用のブラジャーがおすすめです。
汗対策だけでなく胸の辺りをがすっきり見せることができます。
浴衣だけではなく和服全般に使えて、多少バストのサイズが変動しても使えるので、こちらも1枚あると便利です。

ウエストにタオルを巻きましょう

お腹の汗は、ウエストにタオルを巻くことで防ぎます。

浴衣用の和装用のインナー(肌襦袢)の下に一枚タオルを巻くことで、さらに汗をしっかり吸収してくれます。

浴衣(和服)は「寸胴」が理想的体型です。
タオルを巻いて「寸胴」にすると胸とお腹との境目がなくなり、スッキリとキレイに見えます。
また、帯も巻きやすくなります。

汗を吸収してくれる上に、浴衣姿が美しくなるので、一石二鳥ということです。

襟を抜きましょう

襟抜きとは、襟もとを大きく開けるということです。

襟抜きをすると首回りが涼しくなって、風通しもよくなるので汗をかきにくくしてくれます。

汗を抑えるグッズを活用しましょう

制汗スプレー
浴衣を着る前にスプレーして、汗と臭いを防ぐ効果を期待しましょう。

冷感スプレー
浴衣用の和装用のインナー(肌襦袢)などにたっぷりスプレーしておきましょう。
意外に持続力もあり、ヒンヤリして気持ちいいです。

冷えピタ
首の後ろはひんやり効果が高いですが、まる見えになってしまったら大変です。。
貼る場所は肩甲骨のあたりがおすすめです。

浴衣デートでの下駄の履きこなし方

浴衣は洋服とは全く違います。

洋服の感覚でいるとまず歩きにくいです。
大胆には動くことができないので、ちょっぴり窮屈です。

一番戸惑うのが歩き方でしょう。

一般的に、「浴衣には下駄」です。
この下駄を履きこなすのが難しいのです。

事前に履き慣らそう

特に下駄の鼻緒と接する、足の親指と人差し指の間が擦りむけることが多いので、デートの当日に初めて下駄をおろして履くなんて無謀なことはやめましょう。

下駄(草履)の専門店で、自分用に鼻緒をすげてもらったものならほとんど心配はいりません。
しかしそうでない下駄は、指先のおさまりが緩かったりきつかったりする可能性があるので、足の親指と人差し指の間が擦りむけるのです。

どちらにしても下駄を購入したら、出かける数日前には必ず履いて近所を散歩するなど、少しでも歩いて準備をしておくことをおすすめします。

下駄を履いた時の歩き方

下駄を履いた時の歩き方は、足指先に力をいれずに歩くと、「カクッカクッ」とぎこちない体の動きになってしまい疲れます。
また、「ズリズリ」と引きずり音を出してしまうと、粋でカッコいい歩き方には程遠いです。

足の親指と人差し指は、鼻緒の奥まで入れようとせず、半分くらい入れればOKです。
つっかけるようなイメージです。

指先にしっかり力をいれて、地面をつかむような気持ちで蹴り上げると、下駄が足裏にフィットします。

指先の鼻緒がきついときは、手を足指を入れるようにいれて鼻緒を緩めましょう。
また、ゆるいときは足の親指と人差し指で鼻緒をはさんで、さらに足指の先で地面をつかむような気持ちで、蹴り上げましょう。

念のため傷バンドは必ず用意しておくことをおすすめします。

浴衣デート 当日の対策と必要な持ち物

日本の夏はとにかく暑いです。
じっとしていても汗が噴出すほどです。

そんな暑い夏の浴衣デート当日の対策と持ち物を紹介します。

浴衣デート当日の対策

着替えは涼しい場所を選んで

浴衣に着替える時は、エアコンは強めにして室内の温度を低くします。
とにかく涼しい場所で、時間の余裕を持って落ち着いて着替えましょう。

あせって着替えると、さらに汗が吹き出し、大変なことになってしまいます。

日が沈んでからの行動

日差しの強い日は、夕方であってもまだまだ暑く汗もかきやすいです。

できれば日が沈んでからのお出かけがおすすめです。

太陽がギラギラしている日中出かける時は、日陰を歩くようにしましょう。

浴衣デート必要な持ち物

団扇や扇子

団扇や扇子であおいだ時に流れる風はとても涼しく感じます。

顔汗にも効果があり、あおいでいる姿は粋にみえ、女性らしさがUPします。

保冷材

保冷材をガーゼやハンカチにつつんで胸元に入れると汗を抑えることができます。

わきの下や首筋にあてて冷やすと気持ちよく、体温を下げる効果も高いです。

手ぬぐい

手ぬぐいはハンカチ代わりに、手を拭いたり汗を拭いたり、食事のときには膝の上において浴衣の汚れ防止します。

フェイスタオル

フェイスタオルは、屋外で座るときお尻にしけば浴衣を汚さないですみます。
また、少し厚みがあるのでお尻が痛くならないのでおすすめです。

風呂敷

風呂敷は土産を買ったりパンフレットをもらったり、手荷物が増えたときに便利です。
また屋外でゴミが捨てられないときにも、風呂敷に包んでしまえば気になりません。

エコバッグでももちろん構いませんが、浴衣の雰囲気には風呂敷の方が合います。

折り畳みの雨傘(晴雨兼用)

最近、突然雨が降ってくることが多いので、そんな時慌てないように用意することをおすすめします。

また、晴雨兼用ならば日中は日傘として活躍してくれるので一石二鳥です。

 

こちらの記事も参考にしてください。
浴衣を着ていい時期はいつからいつまでで、秋祭りや雨の日はどうする?

まとめ

浴衣での汗対策や暑さ対策は大変ですが、女性の浴衣姿は最高に素敵です。

女性の目からみてもそう思うのだから彼氏は浴衣姿のあなたを見たらビックリして、嬉しくてさらに好きになってしまうでしょう。

日中から浴衣でデートの場合は、紫外線対策のための日焼け止めはと折りたたみの日傘(晴雨兼用だったらさらに可)を忘れないようにしましょう。