カブトムシは昔も今もお子さんに大人気です。

お祭りで、お子さんにせがまれてカブトムシを購入し、子供と一緒に飼育を始めるお母さんは意外と多いようです。。

もうー、面倒だわ。
結局、私が世話をするようになるわ。
なーんて思っていても、毎日世話をしていると不思議と愛情が湧いてきますよね。

そして、カブトムシの寿命はどのくらいなのか、元気に長生きさせてあげたいな。
蚊取り線香を焚いていても大丈夫なのかなどと心配になっているのではないでしょうか。

これ実は、私なのです。
わが息子が小学生の頃、一緒に飼育をした時の疑問なのです。

そこで、その時調べたカブトムシの寿命や長生きさせるコツ、蚊取り線香の影響について紹介します。

参考に慣れれば幸いです。

では本題に入りましょう。

カブトムシの寿命はどれくらい?

国産のカブトムシは、1年から1年3か月位の命と言われています。

「えっ? そんなに生きているの?」
「夏の終わりには動かなくなっちゃうような気がしたけど・・・」
などと、思うお母さんが大半ではないでしょうか。
私は、そう思いました。

なんと、ビックリなんですが、カブトムシは一生のほとんどを幼虫として生きているのです。
だから、成虫になってからの寿命はたったの3か月ほどです。

「そんなに生きているの、夏の終わりには動かなくなっちゃうような」は正解なのです。

さらに、成虫になっても地上に出るまでは土の中で1か月ほど待機している状態なので、地上に出てきてからの寿命はわずか1か月~2か月ということになるのです。

この地上に出てきてからの短い1か月~2か月の間に、エサを食べたり、戦ったり、メスを求めたり、卵を産んで子孫を残したりとたくさん活動を行うのです。
私たち人間に比べると1日の重さが随分と違います。

なので、基本的には8月終わり頃から9月になると動かなくなってしまうのです。

地上に生まれ出て、自然の環境の中で濃い一日を過ごすカブトムシに比べて、家庭に連れてこられたカブトムシは子供たちにいじりまくられ、寝たいのに起こされ、無理やり戦わされて、何だか気の毒に思えてなりませんね。

カブトムシの寿命って実際はこのようにとても短いのです。

自宅でカブトムシを飼うときには、ぜひ最初にこのカブトムシの寿命のことを、お子さんに話してあげましょう。

そして、カブトムシを飼育をする際の約束事を親子で決めることおすすめします。

カブトムシと家庭で一緒に過ごせる時間は短いですが、少しでも快適に長生きできる環境をお子さんと一緒に作ってあげましょう。

カブトムシを長生きさせるコツ

カブトムシが地上に出てきてからの寿命はわずか1か月~2か月ですが、大切に飼育して少しでも長生きさせるためのコツやポイントを紹介します。

温度と湿度

カブトムシは夏の代表選手のように思えて、暑さには相当強そうに見えます。

しかし、そうではありません。
カブトムシはなんと!!暑さに弱いのです!

カブトムシの寿命を縮める一番の原因は、高温多湿での飼育環境だったのです。

例えば、
真夏に窓を閉め切った自動車の中に放置したとします。
数時間以内で死んでしまいますよ。
人間と一緒です。

また逆に、気温10度以下の状態が24時間ほど続いたら仮死状態になってしまうのです。
しかし、20度くらいの部屋に放置しておくと元気に甦生します。

夏の暑い時期はなるべく風通しのよい涼しい所に飼育ケースを置きましょう。
そして、真夏に部屋を閉め切って出かける時は要注意、控えましょう!

エサ

長生きするエサ

1位 バナナ
2位 昆虫ゼリー
3位 リンゴ

1番のおすすめは植物性タンパク質が豊富なバナナです。

しかし、実際に多く使われているのは昆虫ゼリーなんです。
どうしてバナナではなく、実際に与えるのは昆虫ゼリーなのかその理由を紹介します。

腐りにくい
バナナやリンゴに比べて昆虫ゼリーは腐りにくいからです。
果物は時間が経つと小さな虫が湧いてしまい、直ぐに腐り始めるので、悪臭が気になります。

保管ができる
まとめ買いをしてストックもできるのが昆虫ゼリーの魅力です。
特にバナナはすぐに黒くなり、出来過ぎてグジャグジャになってしまいます。

手間が掛からない
昆虫ゼリーは果物のように切ったりする手間がなくフタをはがすだけです。

このように昆虫ゼリーが人気の理由は便利で楽で衛生的ということです。

NGなエサ

NGなエサは、スイカやメロンなど水分の多い物です。

カブトムシというとスイカのイメージが一番ですがNGなんです。

このスイカはNGということを小学低学年のわが息子は知っいて、私がスイカを飼育ケースに入れていたのを学校から帰って見つけた時には、「カブが死んじゃう、お母さんがスイカをあげたから死んじゃう」と泣かれれしまいました。

慌ててホームセンターに昆虫ゼリーを買いに行った記憶があります。

フレッシュな果物がいいだろうという考えは浅はかでした。

スイカやメロンのように水分の多いものを与えると、カブトムシのオシッコの量が増えてしまい、飼育ケースの内が不衛生になりやすいのです。

小学生の息子が泣きながら私に訴えたのは、「お腹を壊して死んじゃう」でした。

なので、水分の多い果物は控えた方がいいでしょう。

最後に、カブトムシを長生きさせる最大のポイントは、それは何といってもお子さんを含め家族のカブトムシを想う「愛で」です。

せっかく飼育を始めたのです。
大切に可愛がってあげましょう。

わが息子のカブトムシを想って泣いていた姿をみて、飼って良かったと心から思いました。
小さな昆虫を可愛がるあの頃の息子は可愛かったなぁ・・・

カブトムシの飼育に蚊取り線香の影響は?

蚊取り線香の有効成分はピレスロイドという成分です。

このピレスロイドは昆虫の神経細胞にダメージを与える神経毒なので、殺傷効果は蚊だけではなくカブトムシにも影響はあります。

ただ、影響あるとは言っても、カブトムシは蚊に比べると大きいので、その大きさの分だけ蚊に与えるダメージに比べるとダメージは弱いです。
蚊取り線香をつけたらすぐに影響が出るわけではありませんが、同じ部屋の中で蚊取り線香を使用した場合、カブトムシを徐々に徐々に弱らせてしまうのは確かです。

できたら蚊取り線香は使用しない、または使用している部屋やその近くに飼育ケースは置かないのが一番です。

蚊取り線香に限らず、蚊取りマットや液体タイプのものも同様です。

まとめ

カブトムシは最初に飼育ケースの中の環境を整えてしまえば、その後は親子で簡単に飼育できます。
しっかり飼育してあげて1か月〜2か月と言われている寿命を少しでも長くのばしてあげましょう。

お子さんと家族の愛情をたっぷり注いで、秋まで長生きして欲しいですね。