今までは手ぶらが当たり前、お財布もスマホもジーンズのポケットに入れていたけれぢ、子どものスポーツの応援に行くのに、手ぶらでという訳にいかなくなったお父さんも多いのではないでしょうか。

ボディバッグがいいと家族が言うけれどどんな利点があるのでしょう。
ウエストバッグではだめなのでしょうか?
ボディバッグには何を入れることができるのでしょう。

そこで、ボディバッグの利点、ウエストバッグとの違い、何を入れることができるのか、、一般的には何を入れているのか紹介します。

ボディバッグの利点

リュックでもない、ウエストバッグでもない、ボディバッグとはどのようなバッグなのか紹介します。

ボディバッグとは

突然の雨にも大丈夫なように折畳の傘や、水分補給のためにペットボトル、忘れてはいけない財布、スマホ、ハンドタオルなどは普段から持ち歩けたら便利ですね。
でも、普段からトートバックを持つのはちょっと邪魔になるし、だからと言ってリュックでは大きすぎるし、大げさすぎる

そこでおすすめなのがボディバックです。

普段から持ち歩きたい荷物を入れるのに適した小ぶりのリュックのようなバッグです。

ボディバッグの本体の上下についているベルトを斜めがけにして、背中に背負います。
ボディバッグ自体が体(背中)に添ってフィットするので、トートバックのように邪魔にならず、ショルダーバッグのようにバッグが体から離れて揺れることなく持ち歩くことができます。

ウエストバッグも重宝がられているようですが、重いものやたくさんの物を入れるとウエスト位置よりバッグが下がってしまうので、お腹が出ているように見えちゃうというのはちょっと残念です。

ウエストバッグよりもっとカッコよくお洒落で安全なもので、ショルダーバッグよりも少し小さくよりスリムで体にフィットするバッグという発想から生まれたのがボディバッグボディです。

サイズは必要最小限のものを持ち歩ける小型のものから、iPadなどのタブレット端末を入れることが出来る内ポケットを装備したA4サイズのものまであります。

形は主に縦型が多いのですが横型もあって、ショルダーベルトの取り付け位置も、左右両掛けに対応しているものが多い右利き、左利き気にせず背中にしょうことができます。

具体的な利点とは?

◇コンパクト、スマートにまとめられる

今まで、ジーンズやズボンのポケットに入れていたお財布やスマホ、鍵などの貴重品が一つに収納できます。

また、ペットボトルや折り畳み傘、カメラなどもコンパクトにスマートにまとめて入れられるので、手ぶらに近い感覚です。

 

◇いろいろな持ち方ができる

ショルダーバッグのように肩への負担が少なくやベルトが肩からずり落ちてしまう心配がなく両手が自由に使えます。

一般的には斜め掛けですが、ワンショルダー風に持つことも可能ですし、ストラップを手に絡ませて持ってもOKです。
TPOや服装に合わせて持ち方を色々工夫し楽しめるのはお得感がありますね。

コンパクトなので、出張や旅行の際にトランクや大きなカバンに入れて持って行き、現地でミニバッグとしても活躍します。

 

利点のたくさんあるボディバッグですが、一つ欠点というか残念なことがあります。
それは買い物の時です。

ちょっと大きい雑誌など買った時など、ボディバッグには入りません。

しかし、この点をカバーするために、エコバックをボディバックに入れておけばこれで一件落着ですね。

ボディバッグとウエストバッグの違い

ボディバッグもウエストバッグも身体にフィットし、両手があくという似た特徴を持っていまが、この使い勝手のいい似たような2つのバッグは何が違うのか紹介します。

ボディバッグとウエストバッグの違いは、身体に密着させて斜め掛けにするか、腰にベルトのように巻いて持ち歩くかです。

イメージは、ボディバッグはウエストバッグを肩から斜め掛けにし背中に背負う感じです。

ウエストバッグよりたくさんものを入れたい人や、肩掛けで背中に背負い身体に沿ってスマートにフィットするので、実用性だけでなく見た目もカッコよくバッグ持ちたい人におすすめです。

ちなみに、ウエストバッグでもボディバックのように使える2wayタイプのものがありますが、これは身体にフィットしません。

実際に最近ボディバックを購入したのですが、その時色々と背負ってみて感じました。
身体に沿ってフィットするバッグが欲しいならウエストバックの2wayタイプはおすすめできません。

ウエストバッグは比較的素材が柔らかく軽めのバッグが多く、ベルトのように腰に巻きつけるデザインなので安定感があります。
大切なものを入れ、ウエストの前でしっかり管理できるから安全性抜群と思われますが、それは日本だけの話のようです。
海外ではウエストバッグはスリに狙われやすく、ベルトを切られるというひったくりの被害も少なくないようです。

ボディバッグには何を入れて持ち歩く?

ボディバッグには、お財布スマホ手帳筆記用具ティッシュハンカチ、その他に折り畳み傘ペットボトルも入れましょう。
お出かけはこれで完璧ですね。

さらに大きめのボディバッグなら、iPadもOKです。

このように色々入るボディバッグですが、リュックと違い中がごちゃごちゃでどこに何が入っているのかわからなくていつも中身を探しているようなことにはならないので安心してくださいね。

 

女性の方でボディバッグを買おうかどうしようか迷っていたら、
こちらの記事も参考にしてください。
ボディバッグを女性がするのはOK?大きな胸への掛け方と服装の合わせ方

まとめ

今まではバックを持たない手ぶら派のあなたもこれからは、ボディーバッグを肩から掛けて背中に背負いお子さんのスポーツ観戦など、アクティブに行動しましょう。

ペットボトルが入っていれば熱中症対策にもなりますし、折り畳み傘が入ってることで突然の雨でも慌てなくてすみ安心です。
お尻のポケットのお財布を落としたり盗まれる心配もありません。
座るたびに、いちいちポケットからお財布やスマホ出しをテーブルの上に置く必要もありませんね。

絶対に便利なはずです。