読書感想文 低学年 本,読書感想文 低学年 コツ,読書感想文 低学年 書き方,

子供達が楽しみにしている長い夏休みが始まりました。
宿題を早く終わらせて、ホッとしたいのは、子供も親も一緒ですね。

しかし、読書感想文は小学校の低学年の場合、本選び一つとってもまだ本人一人に任せるのは無理でしょう。
お母さんにとっても頭の痛い夏休みの課題ですね。

どんな風に読んだものをまとめさせて、書かせたらいいのでしょう。

そこで、小学校の低学年の読書感想文に使う本の選び方、書かせるコツや書き方について紹介します。

参考に慣れれば幸いです。

では本題に入りましょう。

読書感想文に使う小学校低学年の本の選び方

夏休みに宿題の読書感想文を子供に書かせるのはひと苦労です。

面倒だと感じてしまう読書感想文の宿題は、小学校の高学年でも最後まで残ってしまう傾向にあります。

だから、小学校の低学年の場合は特に本人一人に任せるのは無理です。

本選びの時からお母さんが子供と一緒に選ぶお手伝いをしてあげましょう。
「課題図書を読みなさい。」では、子供が楽しんで本を読むとは考えられません。

課題図書はどれも良い本なのはわかります。
その年代の子供に読んで欲しい本なのかも知れませんが、必ずしも「すごく面白い」とは限りません。

面白くはないけれど為になるから読みなさいと言っても、それは大人でも勘弁な話ではないでしょうか。

やはり子供が興味を示し、読んで楽しくどんどん先に読み進められる本を一緒に選んであげる必要があるのです。

子供が興味を示しやすい本、読みやすそうな本、感想が書きやすそうな本を先にお母さんが何冊か選らんで、その中から子供に選ばせるのがおすすめです。
子供も「これは自分が選んだ本だ!」とやる気になってくれるでしょう。

お母さんが先に何冊か選ぶ本のポイント

1.文字が大きいこと。

2.絵があること。(絵をみて、想像しながら読める)

3.1つの話が短く完結していること。(大切な要素)

おススメの本

・ジャックのと豆の木
・大きなかぶ
・はれときどきブタ
・もちもちの木
・力太郎
・スーホの白い馬
・世界名作シリーズ

幼稚すぎると感じるかもしれませんが、最初からハードルは高くなくていいのではないでしょうか。
これがきっかけになって本が楽しい、読書感想文って難しくないと子供が感じてくれたらこんな嬉しいことはありません。
もしかしたら、「来年は◯◯の本で読書感想文を書きたい」と子供から言ってくれるかもしれません。

読書感想文を小学校低学年に書かせるコツ

小学校低学年の子供には、読書感想文はまだ一人でやるのは無理です。
本を読んで思ったことを文章にする、これは大人でも苦手だという人はいるのではないでしょうか。

だからまだまだ一人できなくて当たり前だとわかってあげましょう。

いっこうに進まないからといって、「本を読みなさい!早く書いちゃいなさい!」などと声を荒げてしまうのはNGです。

そのような事をお母さんが言ってしまうと、読書感想文を書くことが嫌いになってしまうかもしれません。
さらには本を読むのも嫌になってしまう可能性があります。

そのようなことにならないように、「読書感想文が書けた!やったぁ!」と子供が達成感を感じれるよう、お母さんはさりげなく子どもの気持ちを引き出せるように、手助けをし一緒に寄り添ってみましょう。

お母さんがさりげなく子供の気持ちを引き出すポイント

子どもと一緒に本を読みながらポイントと思われる場面ごとに、

「◯◯(登場人物)さんは何をしたのかな? どう思ったんだろうね?」とか、
「ここおもしろいね。どう思う? なんでおもしろいんだろうね?」など、

子供に尋ねながら、確認しながら読み進めていきます。

その時に、子供が言ったことをお母さんはメモしておきましょう。

読み終わったら、メモの中の子供が言った言葉をもとに感想文を組み立てます。

このようにすれば、子供も幼い頃にお母さんやお父さんに絵本の読み聞かせをしてもらったことを思い出し、楽しくて仕方ない気分になります。

お母さんもこれなら、楽しんでできそうな気がしませんか?

感想文を書くのは苦手でも、本を読むと感じたことや思ったことはたくさん出てきます。

それを子供に話させると、大人では思いもつかない「えっ?」と思うことを言ってきます。
また、大人は常識的なおりこうさん的な考えを書かせたくなりますが、子供は常識なんてまだ考える年齢ではないので「そんな風に思うの?」なんてビックリさせられたりもします。

小学校低学年の子供にとって、感じたことを文字にすることはまだまだ難しいことです。
そこをお母さんがエスコートしてあげましょう。

小学校低学年の読書感想文の書き方

子供と一緒に本読みをしながら、子供が感じた思った事を書いたメモを活用して感想文を仕上げていきます。

ここでも、お母さんは「手助けする」ここまでにとどめましょう。

子どもならではの言葉遣いはそのままにします。
この時、こんな言い回しのほうがいいとか、大人受けの良い思いはこれなどと、お母さんが付け加えることはNGです。

子供が「自分で読書感想文が書けた! やったぁ!」達成感を感じることが一番大切です。

書き方のポイント

1.登場人物
だれがでてきたかな?

2.状況
主人公はどこにいる?
何をしようとしているのかな?
どんなことが起こったのか
今、なにがあったかな?

3.登場人物の気持ち
そのとき登場人物はどんなふうに思ったと思う?

4.自分の気持ち
それを読んでどう感じたかな?
どのページが好き
このセリフが好き
登場人物の中でだれが好き

このようなことを入れてみましょう。
メモの内容をもとに、子供と一緒に文章に組み立てていけば、立派な読書感想文の出来上がりです。

それでもなかなかまとまらない時は、登場人物にお手紙を書くような書き方でもいいのではないでしょうか。

まとめ

読書感想文は難しく考えてしまうとなかなか手がつけられず、どんどん先伸ばしになってしまいます。

今回ご紹介したやり方なら、子供もお母さんも楽しんでできること間違いありません。

素晴らしい感想文が書けなくても、本を読むのってワクワクする。
感じたことをお母さんと話し合うのっておもしろい。
文を書くのって楽しい。

このようなことを子供が感じてくれたら最高ですね。

大切なのは、子供が頑張っていることにお母さんが一緒に付き合うことなのではないでしょうか。
楽しい夏休みをお過ごしください。