新盆の法要のお招きを頂いた時、準備する香典の相場はいくらなのでしょう。

香典の表書きはどのように書いたらいいのでしょう。

また、お供え物にはのし紙は必要でしょうか?

葬儀の時と同じように文字は薄墨で書くものなのでしょうか?

そこで、新盆のお香典の相場と表書き、お供え物ののし紙の有無、薄墨で書くものなのかについて紹介します。

参考に慣れれば幸いです。

では本題に入りましょう。

新盆のお香典の相場と表書きは?

新盆(初盆)とは、故人が亡くなられて四十九日を過ぎてから初めて迎えるお盆の事を言います。

新盆の法要にお招き頂いた場合は、必ずお香典をお包みします。

新盆のお香典の相場

お香典としてお包みする金額の相場はいくらくらいなのか悩んでしまう方は多いのではないでしょうか。

新盆は、お金だけでなくお菓子などの品物をつけて、一緒にお供えするのが一般的です。

相場は、5,000 ~ 10,000円です。

この金額に幅は、お食事が用意されている場合とそうでない場合です。

これを踏まえて、下記のようにされるのが良いでしょう。

食事が用意されている場合 → 香典10,000円 + 品物(お菓子など)

食事が用意されていない場合 → 香典5,000円 + 品物(お菓子など)

新盆の香典での注意点

・新盆の香典は、子供、孫、親戚であっても相場は変わらずに、同じ金額です。
この点が故人との関係性で相場の金額が変わるがお葬式やお通夜とは違いますね。

ただし、これは決まりやしきたりが厳しくない地域の場合なので、しきたりや風習が厳しい地域や家庭の場合は、初盆の香典の金額が決まっているところもありますので、注意しましょう。

 

ちなみに、私の嫁ぎ先は子供、孫、親戚であっても相場は変わらずに同じ金額ですが、実家は提灯料は孫が送ると決まっていて人数割りをして、香典料の他にプラスすることになっています。

また、知人の実家の地域ではお葬式の時の香典の半額が新盆の香典金額になるとのことです。

 

まずは、マナー違反しないよう親や周りの方にしっかりと確認しましょう。

・新盆の香典に限らず不祝儀のお供えの場合は、人数単位ではなく家族単位です。

おめでたい結婚式などは、夫婦で出席するとご祝儀の金額は二人分にしてお包みして渡しますが、お葬式やお通夜などでは、家族として渡すことになるので金額はそのままという事になります。

新盆の際の香典の表書きは

金額が決まると次に気になるのが、不祝儀袋の表書きの書き方です。

不祝儀袋の表書きは、下記の通りです。

御仏前
御花料
御供物料
御提灯料

などが多く使われますが、一般的に使うことが多いのは、「御仏前」です。

神式でお盆のお参りする場合は、宗旨に関係なく用いられる「御供物料」を使えば間違いありません。

これらの中から1つ選んで名目を上段に書いて、下段には名前をフルネームで記入するのが、正しいマナーです。

御花料と御提灯料とは

表書きの中の「御花料」と「御提灯料」は聞きなれなくて何? と思う方もいらっしゃるでしょう。

これは昔、新盆には親戚などから提灯をお供する習慣がありました。
ただ、全員からデザイン違いで同じような提灯をいくつも送られても大変です。
提灯は1組あれば十分です。

また置き場所に困るはど生花を送って頂いてもこれまた大変です。

そこで、提灯の代わりに、現金でお供えする時に使うのが御提灯料
生花の代わりに現金でお供えする時に使うのが御花料なのです。

水切りは

水引は、黒白、双銀、藍銀、黄白、繰り返すことを望みませんという意味合いで、「結び切り」の水引の不祝儀袋を使います。

特に新盆先が関西の場合は、黄白の水切りが一般的ですので、黄白の結び切りの不祝儀袋を使用しましょう。

名前の書き方

いずれかの表書き(名目)を不祝儀袋の上段に書いて、下段に名前をフルネームで記入します。

◇ご夫婦連名にする場合◇

ご夫婦の場合中央に夫のフルネームを書きます。
中央に書いた夫の氏名の左横に妻は名前だけ書きます。

新盆のお供えものにのし紙は必要?

新盆の際は、香典と一緒にお菓子などの品物を持参しますが、その品物にものし紙をつけます。

例外として、お花をお供えする場合は必要ありません。

のし紙の表書きは、「御供」または「御仏前」と書き、下に名前を書きます。

お供え物の、のし紙の種類は香典の場合と同様で、黒白、双銀、藍銀、黄白、繰り返すことを望みませんという意味合いで、「結び切り」の水引です。
新盆先が関西の場合は、黄白の結び切りの水引にしましょう。

そして、のしの付け方ですが、誰からのお供えかがはっきり分かるように「外のし」にします。

新盆の香典の表書きは薄墨で書く?

新盆のように法事の場合は、あらかじめ分かっていることなので、濃い墨でも問題ないとされています。

しかし、香典の表書きは薄墨で書くのが正式と言われています。

昔は、硯で墨をすり筆で文字を書いていました。

通常「墨はしっかりとすり、濃い墨で文字で書く事。」と子供の頃に言われたことを思い出す人は多いのではないでしょうか。

しかし、弔事の場合に限っては通常は当てはまりません。
「あまりの悲しみで力が入らない。」、「悲しみの涙が硯に落ちて、墨が薄くなってしまった。」、「取り急ぎ用意したため墨をしっかりすっている時間がなかった。」といった悲しみを表す意味で、薄墨で書くという名残が残っています。

このようなことから、弔事では香典を薄墨で書くのがマナーとされています。

 

こちらの記事もご覧ください。
法事を欠席する時のマナー 香典の金額とハガキの書き方

まとめ

新盆の香典について、これらはあくまで一般的な目安です。
両親や親戚に相談してから金額を決めるのがいいかもしれません。

しかし最終的には、あなたの身の丈に見合った金額でいいのではないでしょうか。
香典を無理して包むことより、大切なのは新盆にお参りされることです。

ただし表書きのマナーは、間違いのないように確認して当日を迎えましょう。