七夕祭りの行事が終わり、暑い暑い夏がやってくるともうすぐお盆ですね。

お盆にはご先祖様や故人の霊を迎えるため、盆飾りの準備をします。

しかし、今年初めて自分がお盆を迎えなくてはならない方にとって、盆飾りをいつから飾り始めたらいいのかわからないのではないでしょうか。

そこで、お盆を迎えるための盆飾りを飾り始める時期、お迎えの準備の仕方、片付け方とその時期について紹介します。

参考に慣れれば幸いです。

では本題に入りましょう。

盆飾りはいつから飾り始めたらいいの?

まずは、お盆と深いかかわりのある、提灯と盆棚について確認してから盆棚を飾る時期について紹介します。

お盆と提灯との関係

お盆は年に一度、ご先祖様や故人の霊が提灯の灯りを目印に帰ってくるとされています。
このように目印とされる提灯は、ご先祖様や故人の迎え火としての意味があるのです。

盆飾りを飾る盆棚とは

盆棚は「精霊棚」とも言います。

盆棚はご先祖様や故人にお供物を供えるための棚です。
お盆の期間中は、お供え物を切らさないようにします。

精霊棚に飾るもの意味

この精霊棚に飾るものの意味について紹介します。

ござ
青竹
ほおずき
なす
きゅうり

ござ

真菰を(まこも)使ったござは、お釈迦様が真菰で編んだ寝床に病人を寝かせて治療されたとされるいわれがあることから、盆棚の下に敷きます。

青竹、ほおずき

今では見る機会も少なくなりましたが、四隅に青竹を縦て縄を張って、ほおずきをつるします。
これは、青竹を立てて縄を張ることで結界を張る意味があって、ほおずきは霊に場所を示す盆提灯に見立てているという説があるようです。

なす、きゅうり

なすやきゅりを使って作った牛馬などは精霊馬といい、先祖の霊が馬にまたがり荷物を背負わせた馬を引き連れて孫の元に帰ってくるという説や、馬に乗って早く帰ってきて、帰る時は牛にまたがりゆっくり帰っていくためだという説もあるようです。

 

このように盆棚(精霊棚)を飾るものは、その地域や各家庭の習慣などでそれぞれ異なるようですが、大切なご先祖様や故人の霊を迎えるために用意される大切なものです。

盆飾りはいつから飾り始めたらいいの?

それでは、この盆飾りはいつから飾り始めたらいいものなのか紹介します。

お盆に入っているのに盆飾りが飾っていないと、あの世から帰って来るご先祖様や故人をお迎えすることができませんね。

盆棚(精霊棚)の飾り付けは、盆迎えの12日の夕方か13日の朝にまでには済ませておくようにします。
初盆飾りの飾りつけを始めるのは、慣れていないこともあるので8月に入ったら少しづつ始めても良いでしょう。

この飾る時期に関しては、各地域や家庭でも考え方に違いがあるかもしれません。
ご両親や親せき、地域の親しい人などにに聞いて確認してみましょう。

盆提灯などは7月頃までに、早めに用意しておくことをおすすめします。

できる準備から早めにしておくことが、お盆を安心して迎えるために大切なことです。

※旧暦でお盆を行う地域の方は7月になります。
1ヶ月早く準備を始めるようにしましょう。

盆飾りの準備の仕方

盆飾りやその他の準備の仕方について紹介します。

地域によって、7月にお盆を行うところと8月にお盆を行うところがありますが手順は同じです。

1日~5日 この時期から

1日~5日、この時期からお盆の準備を始めます。

お墓の掃除

お墓をキレイに掃除しておきます。

お墓の掃除の仕方

盆棚の準備

ご先祖さまや故人の精霊を迎えるための棚を準備します。

台の上に真菰のござを敷き、その上にお位牌、三具足、お供え物などを飾ります。

提灯の組立てと飾りつけ

親戚や知人から届いた盆提灯を組立てて飾りつけをします。

お仏壇の掃除

毛バタキや乾いた柔らかい布で仏壇の掃除します。

12日お迎えの準備

お花、お供え物、仏具、ロウソク、線香などを忘れ物がないよう確認し準備します。

13日迎え日 午前中

お位牌を仏壇から盆棚に

お位牌は仏壇から盆棚に移します。

盆棚にお供え物を供える

盆棚に仏具、ご霊膳、お供え物、水の子、生花、線香、なすときゅうりの牛馬を供えます。

水の子には、お盆に帰ってくるすべての霊にお供え物がいきわたるようにという思いがこめられています。
水の子は、なすやきゅうりなどをさいの目に切り、洗ったお米を混ぜてはすの葉をしいた器にもりつけたものです。
深めの器に盛り付けて、清水をみたす。という地域もあります。

お墓参り

お墓まいりには盆提灯、果物、お菓子、生花、線香を持参します。

お墓参りの仕方

迎え火を焚きましょう

迎え火(夕方)を門口で焚きます。

14日、15日 お盆中日

ご馳走をお供えしましょう

朝、昼、晩、水の子やご霊膳などのご馳走を作りお供えします。

16日送り日(地域によって15日のところも)

ご先祖様や故人は午前中まで家にとどまられていると言われているので、お昼に最後のご馳走をお供えします。

送り火を焚きましょう

送り火を焚いてお送りします。
地域によっては送り火を焚いて、お墓に送っていきます。

盆飾りの片付け方

ご先祖様や故人を16日(地域によっては15日)にお送りした後は盆飾りの後片付けが残っています。

せっかく飾った盆飾りですが、これはいつまでも飾り続けるというわけにはいきません。
盆飾りを処分するのはいつが良いのでしょう?

片付ける時期について、特に絶対的な決まりはありません。

一般的には、お盆が済んだら速やかに片付けるということになっています。
いつまでも盆飾りをそのままにしていたら、来客があった時にだらしない家と思われてしまう可能性があるので気をつけたいですね。

盆棚、盆飾りを片付けるのは、8月17日頃を目安にしましょう。

お供えしていた果物やお菓子は痛まないうちに早めにお下げして、お下がり物として家族みんなで美味しくいただきます

盆飾りの処分の仕方

盆飾りの処分の仕方についてですが、昔は精霊馬や青竹、ほおずきはなどは一緒にお焚き上げしたり川に流して供養をしていました。

しかし近年は、環境問題や廃棄物処理の規制等により、自宅で燃やしたり川に流したりはできないので一般ごみとして処分することになります。

ただ、役目が終わった盆棚や盆飾りを粗雑の扱うわけにはいきません。
最後にしっかり手を合わせて後に、塩をふりかけて供養をして家庭用のゴミとして処分します。

しかし、どうしてもかていようのゴミとして処分するのは気になるのという方もいらっしゃるでしょう。

理想的なのは、菩提寺に相談してお焚き上げをしていただくのが一番良いのかもしれません。

供養の意味も込めて、納得できる方法を選ぶようにしましょう。

盆提灯は?

盆提灯に関しては、これから毎年使用するものなので、しっかりほこりを払い、部品をキレイに拭いて防虫剤を入れて箱で保管します。

※白提灯は新盆の時のみ使用するものなので、他の本飾りと一緒に処分します。

まとめ

日々忙しくしていると中々、ご先祖様や故人とゆっくりと向き合うことはできません。
しかし、お盆はご先祖様や故人があの世からお客さんに来てくれるのですから、ゆっくりと向き合ういい機会です。

頑張っている姿を見てもらい、安心してもらいましょう。

慣れない準備ですが心を込めてすることが、たとえ間違いがあったとしても許してもらえるではないかと私は思います。

大好きだった食事やスイーツ、お花を用意して心を込めてお迎えしましょう。