夏本番!
これからの季節は花火大会や夏まつりなどイベントが続き、浴衣でお出かけの機会が多くなります。

汗がたっぷりとしみ込んだ浴衣の洗濯はどうしたらいいのか悩んでいる方は多いのではないでしょうか。

実は、浴衣の洗濯は自宅でできるのです。
では、絞りの浴衣の場合はどうしたらいいのでしょう。
クリーニング店にお願いした方がいいのでしょうか。

そこで、浴衣を自宅で洗濯する方法、絞りの浴衣場合、クリーニング店に出す場合の注意点について紹介します。

参考に慣れれば幸いです。

では本題に入りましょう。

浴衣の洗濯は自宅でOK

夏の暑い時期「粋」に着ている浴衣ですが、家に帰ってきていざ脱ぐ時に、汗がたーっぷり浴衣に染み込んでいるのがわかります。

浴衣は汗やほこりでかなり汚れているのです。

お気に入りの浴衣が、汗やほこりで汚れてしまって、洗濯はどうしたらいいのか悩んでしまうことでしょう。

浴衣の洗濯は自宅でできます。
というより、ぜひ自宅で洗って欲しいです。

自宅での浴衣の洗濯方法(手洗い)

自宅でできる丁寧な浴衣の洗濯方法を紹介します。

浴衣は必ず、カラッと晴れた日に洗濯しましょう。

洗剤

必ず中性洗剤を使います。

中性洗剤とは、簡単に言ったら「おしゃれ着洗い用」の液体洗剤です。

ちなみに、私は何年も「エマール」を使っています。

洗濯方法

1.大きめバケツか大きめの洗面器、または洗面台に水を入れ液体洗剤を溶かします。

この時、たらいや洗い桶があるとベストなのですが、昔と違い一般家庭で持っている人はすくないでしょうから、家庭の中で一番大きいものを使いましょう。

そして、必ず水です。

お湯を使うのはNGです。
お湯を使うと浴衣の染料が落ちることがあるので絶対に使ってはダメです。

また、洗剤の使用量は、ボトルに記載されている規定量よりも少なめにいれるようにします。
定量入れてももちろんOKですが、汚れ落ちはあまり変わりません。
洗剤の効果で浴衣の染料の色落ちすることを、出来る限り少なくしましょう。

 

2.浴衣は袖だたみをします。

※手縫いの浴衣の場合は、衿の芯がごわつくといけないので、衿の先40センチくらいを、あらく木綿の糸で縫いとめておくと安心です。

 

 

まず袖と袖を背中側で合わせ、袖山や脇線をきっちりと合わせます。
衿の先まで左右を合わせます。
袖を合わせたまま内側に折ります。
三つ折りにし、このままでまだ大きいのでさらに半分に折ます。

 

3.押し洗いをします。

食べこぼした後がある場合は、浴衣を袖だたみする前に食器用洗剤(必ず中性を選ぶ)をシミの部分に薄く塗って、軽くもみ洗いします。

この時、色落ちの危険があるので強くもみすぎるのは危険です。
あくまで、優しく、優しくもんでください。

押し洗いする時、袖だたみした浴衣は洗濯用ネットに入れます
洗濯ネットに入れることで、型崩れを防ぐことができるので、後の作業がとても楽になります。

優しく押し洗いした後は、洗剤入りの水を捨てて、再度水をためて押し洗いの要領で2~3回すすぎます。

この後、脱水します。(洗濯機で1~2分以内)
脱水が長すぎるとシワがつく場合があるので、途中確認してみることをおすすめします。
脱水も、洗濯用ネットに入れて脱水するのがポイントです。

※脱水時間は、和装用ハンガーにかけたらまだ水気が落ちてきそうなくらいがちょうどよい時間です。

 

 

4.和装用ハンガーに干します。

脱水が終わったら和装用ハンガーや物干し竿に通して、風通しの良いところに陰干しします。
この時、シワになった部分を手で一方向に向かって「手アイロン」をします。
手アイロンをすることで、乾いたときにほとんどシワのない状態になります。

陰がなく直射日光が当たってしまう場合、浴衣は裏返しにしましょう。

干した時、浴衣のすそが下につくようなら、M字のようにすそを別の物干し竿にかける工夫をします。

 

5.乾いた浴衣を仕上げます。

浴衣が乾いたら、洗濯のりスプレーを吹きつけながらドライアイロンをかけましょう。

ドライアイロンかける時は、テカリ防止のためにハンカチや手ぬぐいで当て布をすることをおススメします。

 

※洗濯のりスプレー使用時のポイント
家庭用アイロンは高温になりやすいので、洗濯のりスプレーの糊が焦げないように、少し離して浴衣の上の空間に洗濯のりスプレーを吹きかけます。

自宅での浴衣の簡単な洗濯方法(洗濯機)

浴衣の洗濯は手洗いするのがおすすめですが、もっと手を抜く方法もあります。

最近の洗濯機は優れているので、洗濯機に任せても大丈夫です。
洗濯機の「弱洗い」や「おしゃれ着洗いコース」「ドライコース」機能を使い洗う方法です。

手洗いと同じように、袖だたみにしてから洗濯ネットに入れ、おしゃれ着洗いの洗剤で、洗濯機の「弱洗い」や「おしゃれ着洗いコース」「ドライコース」を選びます。

脱水は手洗いと同じく1~2分以内にしたいので、洗濯機の脱水時間は要チェックです。

※脱水時間は、和装用ハンガーにかけたらまだ水気が落ちてきそうなくらいがちょうどよい時間です。

干し方や、ドライアイロンのかけ方は手洗い時と同様です。

手洗い、洗濯機洗いの注意点

手洗い、洗濯機洗いどちらも、柔軟剤を使用するのは止めましょう。
浴衣というのは糊とアイロンがピシっとかかっているから、涼しげに粋に見えるのです。

柔軟剤を使ってはクタッとしてしまいます。
それは浴衣ではなく「寝巻き」にしか見えません。

絞りの浴衣の洗濯はどうしたらいい?

絞りの浴衣は、自宅で洗濯機洗いをしましょう。
手洗いより洗濯機がおすすめです。

絞りの浴衣も通常の浴衣同様に普通の水を使い、袖だたみして洗濯ネットに入れて「弱洗い」、「おしゃれ着洗いコース」、「ドライコース」機能を選び、脱水は1分以内にして、脱水したら放置せずすぐに和装用ハンガーにかけて陰干ししましょう。

絞りの浴衣の洗濯時の注意点

・染料が落ちる場合があるので、つけ置きはNGです。

アイロンや洗濯のりスプレーはNGです。
絞りの浴衣は、ノーアイロンでいいので普通の浴衣よりもお手入れが楽です。
何度も洗ってふわふわになった絞りの肌触りは最高です。

浴衣の洗濯にクリーニング店を使うときの注意点

どうしても自宅で自分で洗うのは面倒で、クリーニング店ににお願いしたいという場合は、ちょっとお高くなりますが、クリーニング屋さんではなく呉服屋さんに持っていくか、もしくは昔ながらのクリーニング屋さんで自店で加工するところが良いでしょう。

取り次ぎのチェーン店の場合、全てがそうであるとは限らないのですが、旅館の浴衣のようにペチャンコになって帰ってくる危険性があります。

特に、絞りの浴衣は要注意です。
絞り浴衣は、クリーニングに出す必要はありません。
自宅の洗濯機でお洗濯することをおすすめします。

絞りの浴衣どーしてもクリーニング店に出すという場合は、プレスを強くかけないよう必ず伝えてください。

 

絞りの浴衣をクリーニング屋さんに出して、ぴっちりプレスされて絞りがのびてしまい、ダメになって戻ってきたという悲しい話を聞いたことがあります。

 

一度プレスされた絞りは二度と戻すことはできません。

まとめ

浴衣の洗濯は思ったより簡単です。

絞りの浴衣が木綿の普通の浴衣よりお手入れが楽なのにはビックリしたのではないでしょうか。

自宅で自分で洗濯ができれば、浴衣をシーズン中に何回も着れます。

今年の夏は浴衣を粋にたくさん着て、好感度をさらにUPしてください。