浴衣は今や夏の風物詩です。
花火大会や夏祭り、ビアガーデンなどでもよく見かけます。

最近では女性ばかりでなく、男性の浴衣姿もめずらしくありません。
着ているとそれだけで、女性も男性も好感度がアップする浴衣は素敵です。

だから浴衣を買ったならば、せっかくだから出来るだけたくさん着たいと思うのは当たり前のことなのですが、浴衣を着ていい時期はいつからいつまでなのでしょう。
秋祭りにも着ていいものなのでしょうか?
雨の日に着ても大丈夫なのでしょうか?

そこで、浴衣を着ていい時期、秋祭りや雨の日はどうしたらいいのか紹介します。

参考に慣れれば幸いです。

では本題に入りましょう。

浴衣を着ていい時期はいつからいつまで?

浴衣を着ていい時期は、明確にいつから(何月何日から)いつまで(何月何日まで)と決まっていません

古くより着物には、明確な衣替えの時期が決まっているのですが、「浴衣は着物ではない」という考え方があったため、浴衣に対してはあまり厳しいルールは存在しないのです。

浴衣には、

・7月 ~ 9月中ごろまで
・6月 ~ 9月中ごろまで
・6月後半 ~ 8月いっぱい

などと色々説がありますが、一般的には「6月 ~ 9月」で落ちついているようです。

昔の浴衣とは

浴衣は昔、その文字の通り入浴の際に着る衣とされていました。

元々は蒸し風呂の中で着ていたものが、だんだんとお風呂から上がって室内で着るようになり、蒸し風呂のように暑い夏の夜に着るようになったのです。

長い長い時間を経て次第に変化してきたのです。

江戸時代の頃になると、浴衣を着て外出することが流行し、「江戸の夏の夜は浴衣を着る」というのが粋の証になります。
現代にも「浴衣を着る = 粋」という文化がしっかり残っています。

現代の浴衣はどのように着る?

「浴衣を着る = 粋」という文化が残っている現代だからこそ、せっかく買ったのだからとか、もったいないからといって、長くいつまでも着ているのは粋ではありませんね。
それはカッコいいとはいえません。

せっかく買ったのだから、粋に着ましょう。

ただ、昔と現代とでは季節にずれがあるので、昔の暦通りに着ることはできません。

最近では5月の終わり頃から暑くなり始め、9月もまだまだ残暑が厳しい日が続きます。
この時期に浴衣は着てもいいのでしょうか?

7月頃から花火大会や夏まつりのイベントが数多く開催されるので、7月、8月中はもちろんOKです。

では、それ以外の月をどうしたらいいのか紹介します。

5月 ~ 6月は、半襟を付けて、浴衣ではなく夏の着物として着ることをおすすめします。

9月は少しでも涼しくなって秋の気配を感じたら浴衣の時期は終わりしましょう。

それでもどうしても着たいのであれば、9月なので浴衣の柄は夏を連想させる朝顔や金魚などの柄ではなく、秋草やトンボなどの秋をイメージさせる柄にしましょう。

また、浴衣の地色も白地はさけて帯も落ち着いた色合いにしましょう。

半襟をつけた長じゅばんを下に着て、素足に下駄ではなく足袋を履くことをおすすめします。

ヘアアクセサリーも秋めいたものをつけるなどの工夫をしてみましょう。

個人的には、夏のイベントが始まる7月頃から秋のお彼岸(秋分の日)前までがいいのではないかと思います。

 

こちらの記事も参考にしてください。
浴衣デートで汗をかかない工夫や下駄の履きこなし 当日の対策と持ち物

浴衣を秋祭りに着るのはどう?

夏の花火大会や盆踊りが終わって、9月に開催される秋祭りに浴衣を着るのは避けたほうがいいでしょう。

「お祭りなんだから着ても良いのでは?」と思われるかもしれませんが、「季節外れ」という印象で悪目立ちしてしまうかもしれません。
「季節外れ」と「浴衣を着る = 粋」とではかけ離れすぎます。

どうしてもきたいのであれば、前述した通り上記の通り、
秋のイメージを感じさせる浴衣の柄を選び、浴衣の地色は白以外、半襟をつけた長襦袢を着で足袋を履く。
半幅帯でも帯締めをしたり、ヘアーアクセサリーも秋めいたものにするなどして、「悪目立ち」でなく、ぜひとも「粋」に着こなすようにしましょう。

浴衣は雨の日に着ても大丈夫?

雨が降ってしまったからと、浴衣を諦めようとしていませんか?

雨の日でも、気にせず着ていって大丈夫ですよ。
その辺の判断は洋服と同じにしましょう。

浴衣は木綿や化繊で出来てるので、雨に濡れてもシミになる事はまずありません。
泥だらけになる可能性がある場所では話が変わってきますが。

浴衣は濡れても簡単に家で洗えます。

洋服を着て、革のパンプスでお出かけするより、浴衣を着て素足に下駄を履いている方が雨には強いです。

また、浴衣に傘はとっても似合います。
和傘の蛇の目傘を持っていたら尚いいですね。
蛇の目傘をさして、しっとりと浴衣を粋に着こなせます。

着付けのときに、着丈は短めにしておくことをおすすめします。
くるぶしがちょっと見えるくらいの丈なら、裾が濡れにくいでしょう。

ただ、なるべく濡れないように気をつけましょう。
浴衣は身体を覆う布の面積が広いので、ずぶ濡れになってしまうと浴衣が水をたっぷり吸ってしまい、重くなり半端なく体が冷えて寒くなってしまいます。

また帰ったら直ぐに、濡れた浴衣は和装ハンガーに干して、翌日に手洗いで洗うか、もしくは洗濯ネットに入れて洗濯機で洗います。
翌日も雨だった場合、浴衣は和装ハンガー干しておき、天気が良くなるまで洗濯は控えましょう。

 

こちらの記事も参考にしてください。
浴衣の洗濯は自宅でOK 絞りの場合とクリーニングの注意点

まとめ

浴衣を着ていい時期は、明確にいつからいつまでと決まっていませんが、やはり、「粋」に素敵に欲しいと思います。

自分の中で「ちょっと季節外れ?」と感じた時は、周りの人には「悪目立ち」してしまうと考えましょう。

どうしても着たい時には、
・浴衣の柄を秋をイメージさせるは秋草やトンボなどを選ぶ
・浴衣地を白以外にする
・半襟をつけた長襦袢を着る
・足袋を履く
・半幅帯でも帯締めをする
・ヘアーアクセサリーを秋めいたものにする
などの工夫をしましょう。

浴衣美人を目指して「粋」な素敵な夏をお過ごし下さい。