故人を偲びお墓参りに行きたい、お彼岸やお盆にお墓参りに行こうと思った時、何を持って行ったらいいのか、お墓参りはどのような仕方をしたらいいのか悩むことはありませんか。

また、お墓参りに行く時期や時間帯に決まりはあるのでしょうか。

意外にわかっているようで、あやふやなことが多いのがお墓参りです。

そこで、お墓参りに行くときの持ち物や正しいお墓参りの仕方、行く時期、午前中がいい言われている時間帯について紹介します。

参考に慣れれば幸いです。

では本題に入りましょう。

お墓参りに必要な持ち物と仕方

お墓はご先祖さまや故人を祀るところです。
そして、亡くなった人たちの菩提を弔い、供養するために行うのがお墓参りです。

ご先祖さまや故人の冥福を祈るとともに、家族が日々無事に暮らしていることを報告、感謝することにお墓参りの本当の意味があります。

このようなことからも、お墓はいつもきれいにしておくことが一番の供養になります。

お墓参りに必要な持ち物

それでは、お墓参りに必要な持ち物を紹介します。

掃除をするために必要な物

ほうき

・お墓の周辺を掃き清めます。

軍手またはビニールの手袋

・お墓の周辺の雑草をひきぬきます。(草刈りガマや、スコップがあればなお可)

スポンジや歯ブラシ

・墓石についたコケや鳥のフンなどの汚れを落とします。(金属製たわしはNG)

雑巾

・墓石を拭き清めまます。

バケツ

・雑巾やたわしの洗浄に使用します。

ごみ袋など

・お供えしていたお花、墓石周辺のゴミ、引き抜いた雑草を持ち帰ります。(墓地や霊園によってはゴミ捨て場所がある場合も)

お参りに必要な持ち物

お線香

ローソク、マッチ(風防ライターがおすすめ)

◇お供え物

お花

こちらの記事を参考にしてください。
お墓参りに持っていく花はどんな種類をどこで買う?値段の相場は?

・故人の好物だった菓子
季節の果物 など

半紙または紙皿(お供えものをおく器代わり)

手桶、ひしゃく など(墓地や霊園で借りられる場合も)

 

※これらのお墓参りに必要な持ち物は(お供え物以外)は、お墓参り専用のものとしてバッグや紙袋など一つにまとめて用意しておくことをおすすめします。

お墓参りの正しい仕方

それでは、お墓参りに必要な持ち物がわかったら、次はお墓参りの仕方について紹介します。

1.墓地に入る前にご本堂の前で一礼します。
墓地がお寺にある場合は、お参りの前に本堂や御本尊にお参りします。

2.手を洗い浄め、手桶に水を汲み墓地に向かいます。

3.お墓の前についたら一礼し両手を合わせて合掌します。

4.お墓の周辺と墓石の掃除をします。(お正月、お盆、春・秋の両彼岸、年回忌法要の時は、出来るならば事前に掃除をします。)

◇お墓の周辺

・お供えした花が枯れて残っている時は、取り除き花立てをきれいにします。

・雑草が出ていたら引き抜いたり刈り取ります。

・周辺をほうきで掃き清めます。

◇墓石

・墓石にきれいなお水をかけて清め、墓石を痛めないようにやさしくスポンジで汚れを落とします。
細かいところは歯ブラシを使いましょう。

5.お墓がきれいになったらお線香、お花、お菓子などのお供えし拝礼をします。

◇お線香

・線香立てにお線香をお供えします。
ろうそくから線香の束に火をつけますが、炎が出てしまったら口で吹き消すのではなく、手であおいで炎を消し、お線香の先端だけが赤く灯った状態にします。

この時、お線香を立ててお供えする、寝かしてお供えする、お線香の本数は1本立てる、2本立てる、1本を折って横に寝かすなど、宗教によって異なるようです。
しかし、供養する心が大切なのであまり形式にこだわる必要はありません。

◇お花

・お花はお供えしたまま帰ることになるので、後から風などが吹いて倒れないように、ハサミで短かめに切ってお供えします。

◇お水

・墓石に手桶のきれいなお水をかけて清めます。
・お水をお供えする器(水鉢)がある場合は、きれいなお水を入れましょう。

◇お供え物

・半紙または紙皿などの上にお供え物(お菓子や果物)を供えます。(お参りが終わったら持ち帰ります。)

6.合掌、拝礼します。

・両手を合わせ、先祖や故人の冥福を祈ります。

・先祖や故人に近況の報告などします。

・お経を唱えることができれば、お経を唱えるのも良いですね。

お墓参りにいく時期はいつ?

子供の頃、親に連れられてなんとなくお墓参りに行っていたとしたら、大人になっていざ一人で行くとなると、お墓参りの行く時期はいつなのか迷ってしまうでしょう。

一般的に認知されているお墓参りの時期

一般的に「お墓参りの時期」と認知されているのはいつなのか紹介します。

◇命日

・祥月命日
亡くなった月日のことで年に1回

・月命日
亡くなった日付のことで月に1日、年に12回
(たとえば亡くなられた日が15日の場合、毎月15日が月命日になります。)

◇お正月(修正会)、お盆、春秋の両彼岸

しかし、実際には、月命日にお墓に行く人というのは少ないので、次の通り1年に5回くらいお墓参りをするのが一般的のようです。
祥月命日
春秋の両彼岸
お盆
お正月

お墓参りはいつしてもいい

お寺のお坊さんによると、お墓参りに「行ってはいけない時期」は一切ないとのことです。

だから、お墓参りはいつしてもいい、毎日してもいいのです。
ご先祖さまや故人を大切に想う気持ちが大切にし、世の中の慣習ではなく、あなたの気持ちでお墓参りをすればいいのです。

ただいつでもいいとなると、おろそかになってしまうのではないかということで、
命日、お正月、お盆、春秋の両彼岸を中心に、お墓参りをすることになったのだそうです。

是非とも、気になった時や思い立った時、さまざまな人生の節目に、ご先祖さまや故人近況をご報告をするということで、お墓参りをするのがいいのではないでしょうか。

お墓参りに最適な時間帯は午前中がいいの?

地域によっては、午後のお墓参りはよくない、遅くなると、「霊」がつくなどどいう言い伝えがあるようです。

しかし、お墓参りの時間帯については特に決まりはありません。
ただ、午前中にお墓参りをするという習慣が一般的です。

特に年配の方などは、お墓参りは「午前中に」とこだわることが多いようです。

では、なぜ午前中なのでしょう。

他の用事や何かの楽しみを優先にして、仏様を後回しにしてはいけないというのが、古く昔からの教えなのです。

要は「次いでや駆けつけは駄目です。」「きちんと計画しましょう。」ということのようです。

だから、仕事のご都合で午前中には間に合わない、遠方から出かけていくので午前中には無理、このような場合は、お墓参りが午後になってしまっても差し支えありません。

大切なのはご先祖さまや故人を想う気持ちです。

ただ、特に秋や冬は日が短く暗くなるのが早いです。
暗く足場が悪いお墓で転んでケガをしては大変ですので、十分に気をつけてください。

霊園の場合は、閉園時間もあるので事前に確認をしておきましょう。

まとめ

お墓参りにはいつ行ってもいいのです。
気になった時や思い立った時に、ご先祖さまや故人に近況を報告し、日々の感謝の気持ちを伝えましょう。

そんな時、お墓参りに必要な物は一つにまとめてバックや紙袋に入れておくととても便利です。

お墓参りにはできるだけ子供たちも連れて家族でいくことをおすすめします。
子供たちにはまだお墓の意味はまだわからないかもしれません。
しかし、子供なりにご先祖さまや故人を敬い感謝するお父さんやお母さんの姿を見て、何かを感じ取ってくれるのではないでしょうか。