お墓参りに行くとき、墓前にお供えするために必ず持って行くものといったらお線香とお花ではないでしょうか。

お墓参りに持っていくお花を選ぶ時、どのような種類のお花を選んだらいのでしょう。
お墓にお供えするお花に決まりはあるのでしょうか?

また、どこで買うのが良いのでしょう。

お花の値段の相場はいくらなのでしょう。

そこで、お墓参りに持っていく花の種類や、お墓参りには向かない花、どこで買うのがおすすめか、値段の相場はいくらなのか紹介します。

参考に慣れれば幸いです。

では本題に入りましょう。

お墓参りにお供えする花の種類は?

お墓参りのお供え物で、お花は欠かせません。

このお墓参りの時や、仏壇にお供えするお花のことを「仏花(ぶっか)」といいます。

お墓にお供えする仏花を選ぶとき、どんな種類のお花を選んだらいいのか、迷ってしまう方も多いのではないでしょうか。

「仏花(ぶっか)」として、すでに花束になっているものを選べは問題ありません。
しかし、あまりにも貧弱だったり、自分自身が好まない花だったり、色合いがピンとこなかったりすると他のお花に目がいってしまいます。

お墓にお供えするお花の種類に決まりはあるのでしょうか。

基本的に、「お墓にお供えする仏花はこの種類などというまりはありません。
「この花でなくてはならない。」などという決まり事はないのです。

でも、なんでもいいのかというとそうでもなく、やはりお墓参りに持って行くにはあまり向いていないお花はあります。

お墓参りに向いていない花

お墓参りに向いていないと言われているお花を紹介します。

トゲがあるお花
ツルがあるお花
があるお花
香りが強いお花

その他にも、傷みやすいお花や散りやすいお花もむいていません。

このようなお花はご先祖様に不吉な印象を与えてしまうことや、お参りをする人が扱いにくかったり、お墓が汚れてしまいお掃除するのが大変になってしまうということも理由に一つになっているようです。

 

実際、我が家には仏壇があるのでお花は常にお供えしているのですが、キレイなお花でも傷みやすく散りやすいお花は避けています。
常にキレイに清潔な状態にしていたいのに、仏壇周りが汚れてしまうからです。

また、トゲがあるお花も花瓶の水交換にはケガをする可能性があるので避けています。

 

このようなことからも、これらのお花は避けて仏花選びをすることをおすすめします。

どのようなお花を選んだらいいのか

お参りさせていただく故人が亡くなってからまだ時間が経っていない場合は、「淡い色や白を基調としたお花」を選ぶのが一般的とされています。。

ですが、亡くなられてから時間が経っている場合は、故人が生前好きだったお花や、好きだった色を思い出しながら選んでみるのもいいでしょう。

バラの場合

この時に特に気をつけたいのが、トゲがある「バラ」です。

バラは仏事全般でNGとされています。

お墓、仏壇用でもすべてにおいて、仏教のしきたりを気にしている人(特に年配者、おじいちゃんやおばあちゃんなど)がいる場合はトゲがあるお花は、不快に思うようです。

仏さまに「バラ」をお供えしてはならないという地域(秋田・茨城・群馬・新潟)も多く、お供えすると狂人が出る(秋田県雄勝・平鹿郡)などというところもあるようです。

また、とげのあるものを玄関などに吊るして疫病除けに用いるところから、仏前に供えるのを忌むという意味もあるようです。

このようなことから、一般的にバラは避けたほうが無難ということになります。

しかし、最近のお花屋さんのカタログとか、お花屋さんのネットショップの商品には、お供え用の花束やアレンジメントにバラを使っているところも見受けられます。

古くからの仏教のしきたりや決まりごとを気にしない、知らない、若い人同士や、故人が特にバラに思い入れが大きく大好きだった場合にはバラでもいいのかもしれません。

ですが、ご遺族が不快になることのほうが多いので、「バラ」はお供えされた相手方が、バラもらって喜ぶと分かっている場合だけにした方が良いでしょう。

アザミも日持ちしてよさそうですが、バラ同様トゲがいっぱいですので避けましょう。

ユリの場合

ユリにも注意が必要です。

ユリは仏花としてよく用いられます。

しかし、においがきついのと花粉がとても厄介です。

ユリの花粉は衣服につくと落ちないのです。

そして衣服だけではありません。
墓石との相性が悪い場合は、墓石に花粉がついて茶色いシミになってしまうこともあります。
特に白い墓石には要注意です。

それでも、白い素敵なユリを選びたいときは、花屋さんで花粉をきれいに落としてもらいましょう。

 

造花の場合

枯れることのない造花をお墓にお供えしてもいいのでしょうか?

基本的には生花でなく造花でもOKです。

九州などの暑い地域では、生花はお供えして1日で枯れてしまうので、造花を供えるところもあるようです。

また、霊園によっては生花が禁止されているところもあるようです。

 

実際に、実家は室内のロッカー式の霊園だったことがあったのですが、生花は禁止でした。
衛生的によろしくないということなのでしょう。

 

ただ本来生花には、諸行無常という仏教で言う無常観を表し、また味わうためにも枯れてこそ意味があると言われています。
同じ時間は二度とない、同じ状態と思ってもすべての物が絶えず移り変わっている、限りある命ということを意味しているのです。

このようなことからも、本来は生花を供えるのがいいのかもしれません。

 

実家のお墓は生花がお供えできないことがどうしても胸に引っかかっるという家族の意見が多く、父が亡くなったことをきっかけにして生花をお供えできるお墓にうつりました。

 

と言っても、造花には枯れないという造花の良さがありますので、地域のしきたりや地域の気候などにあわせて選んでみましょう。

一般的なお墓参り用の花とは

いくつかのNGはありますが、基本的にはお花選びは自由ということになりますが、一般的なお墓参り用のお花をご紹介します。

一般的なお墓参り用のお花は、白、赤、黄、紫、ピンクの5色が主流です。
随分と色鮮やかですね。

3色の場合は白、黄、紫のことが多いです。

代表的な仏花は、 大輪の菊、小菊、洋菊、カーネーション、ストックなどです。

本数は3、5、7本など奇数がいいでしょう。

全体の形はあまり気にする人は多くないかもしれませんが、ひし形が主流です。
花屋さんで購入すると、全体を見てひし形になるように作ってくれます。

このお花は基本的には、対になるように飾ります。
しかし、花差しが一つの時は左側に供えるようにします。

お墓参りに持っていく花はどこで買う?

お墓参りの持って行くお花は、花屋さんでもスーパーでも、ホームセンターでも購入できます。

お彼岸やお盆などの時期には、コンビニに用意されていることもあります。
また大きなお寺や霊園では、その周辺で売っている場合もあります。

遠方からお墓参りに出かける場合は、あらかじめ霊園やお寺にお花の販売をしているか確認しておくと慌てないですみます。

お花にこだわりを持たないのであれば、スーパやコンビニ、大きいお寺や霊園に用意されている仏花を購入すればOKですね。

しかし、故人の好きだったお花や、好きだった色のお花をお墓にお供えしたい場合は、花屋さんが良いでしょう。
「お墓参りに行くので花束を作ってください。」と伝えて、花束に入れてもらいたいお花の種類や、色を伝えて仏花を作ってもらいましょう。

ちなみに、家に咲いている花があり、持っていけるのであれば、買ったお花の中に入れてお供えするのもおすすめです。
故人はとても喜んでくれるのではないでしょうか。

お墓参りにお供えするお花の値段の相場は?

仏花として売られているお花は、何種類かのお花がセットになっています。
特にこだわりがないという方にはとても便利でおすすめです。

こちらの場合でも、価格の設定は何段階かに分かれ用意されています。
お店にお聞きしたところ500円〜800円程度のお花がよく売れているということです。

故人の好きだったお花や、好きだった色のお花を選びたい時は、お花屋さん購入することになり、1000円〜1500円程度になるでしょう。

その場合は、
お墓参り用のお花であること。
予算は〇〇〇〇円くらい。
△△のお花を入れてください。
◇◇色を入れてください。
と要望は必ず最初に伝えましょう。

一般的にお墓にお参りする場合、お花は対でお供えするので、2束購入することになるので、合計で2000円~3000円と考えておきましょう。

お彼岸の時期になると値段が少々高めになります。

こちらの記事も参考にしてください。
お墓参りに必要な持ち物と仕方 行く時期はいつで時間帯は午前中?

まとめ

お墓参りの時にお供えするお花に決まりはありませんが、NGとされているお花はできるなら避けた方がぶなんです。

故人が好きだった花や好きな色、または長持ちする花を選ぶのが良いでしょう。

とは言っても、無理する必要はありません。
お花は今できる範囲購入しましょう。

お墓参りに行こうと思う気持ちが一番大切だと思います。
お墓に手を合わせて日ごろの感謝の気持ちを伝えましょう。